[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第58回「新しい分子が世界を変える力を信じて」山田容子 教授

[スポンサーリンク]

第58回目の研究者インタビューです! 今回は第36回ケムステVシンポ「光化学最前線2023」の講演者の一人、奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の山田 容子(やまだ ひろこ) 先生にお願いしました。専門は有機合成化学で、光を巧みに利用した新しい合成やナノカーボン材料の電子デバイス応用など様々なπ共役拡張化合物の合成と機能開拓について幅広く研究されています。

山田先生のお人柄を感じられるインタビューで、2月1日に開催されるVシンポでお話をうかがえるのが一層楽しみになりました!
是非みなさんも、これを機に光化学の最先端に触れてみてください! 登録ページに直接飛びたい方は こちらの登録ページリンク にどうぞ!

それではインタビューをどうぞご覧ください!

Q. あなたが化学者になった理由は?

理系科目が好きだったので理学部に進学し、模索しているうちに、有機化学が面白くなりました。でも、卒論も修論もなかなか思うようにいかず、もう少し、もう少し・・・と続けるうちに現在に至りました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

果樹や花木の品種改良に携わってみたいです。植物の適応力や生命力には敬服しますし、その成長や季節ごとの変化は見ていて飽きることがありません。前任地の愛媛県では次々と新しい品種の柑橘類が登場し、バラなどの花も様々な色や性質の新品種が生まれますが、それぞれの植物に生来備わる性質を生かしつつ、新しい品種(色、形、味、耐性など)を作る技術を研究してみたいです。

Q. 現在、どんな研究をしていますか?また、どのように展開していきたいですか?

芳香族分子を用いた有機機能性材料の開発を行なっています。特に、光反応や表面支援合成なども利用して手強い化合物の合成に挑戦し、その物性を明らかにしたり、有機分子の自己組織化・集積・結晶化などによる物性の高性能化について深めていきたいです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

伊能忠敬です。50歳を過ぎてから、これまでの人生とは全く異なる新たなことに挑戦し、後世に名を残す偉業を成した心意気をきいてみたいです。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

39才までポスドクだったので、有機合成を中心に毎日実験していました。助教授として採用された後も測定などは学生さんと一緒に行いましたが、自分できっちり実験をしたのではポスドクまでです。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

キース・ジャレットのケルンコンサートを満天の星空の下で聴いてみたいです。また自然の音を聞くのが好きなので、砂漠の風や海の音、鳥の声を聴いていると思います。人の居ない砂漠の島では、周りを動く動物や虫の気配も鮮明に聞こえそうです。私が本を持って行くなら、図鑑でしょうか。食べられるもの、危険な虫などを知りたいので。

Q. 次にインタビューをして欲しい人を紹介してください。

川合眞紀先生、加藤昌子先生、深澤愛子先生、秋山みどり先生など、活躍されている各世代の女性研究者のお話を伺いたいです。

関連リンク

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JKJ。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 第56回「複合ナノ材料の新機能を時間分解分光で拓く」小林洋一 准…
  2. 第82回―「金属を活用する超分子化学」Michaele Hard…
  3. 第160回―「触媒的ウィッティヒ反応の開発」Christophe…
  4. 第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授
  5. 第40回「分子設計で実現する次世代バイオイメージング」山東信介教…
  6. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中…
  7. 第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Ha…
  8. 第108回―「Nature Chemistryの編集長として」S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タングトリンの触媒的不斉全合成
  2. “研究者”人生ゲーム
  3. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜
  4. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  5. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  6. 化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離
  7. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  8. ブレオマイシン /Bleomycin
  9. ジョアンナ・アイゼンバーグ Joanna Aizenberg
  10. 合成ルートはどれだけ”良く”できるのか?分子構造からプロセス質量強度を予測する SMART-PMI

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年3月11日に東京大学本郷キャンパスにて開催されたBritish Co…

ケムステイブニングミキサー 2024 報告

3月18日から21日の日本化学会第104春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!めちゃ…

日本農芸化学会創立100周年記念展に行ってみた

農芸化学という学問分野はご存知でしょうか?農業と化学は分かるけど、芸って何だよって一瞬思いますよ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP