[スポンサーリンク]


典型元素

  1. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに…)…

  2. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  5. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

    マニュエル・アルカラゾ(Manuel Alcarazo, 1978年x月x日(スペイン生)-)は、ド…

  6. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  7. ゲルマニウムビニリデン

  8. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  9. ヘテロベンザイン

  10. アルカリ土類金属触媒の最前線

  11. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  12. ホウ素-ジカルボニル錯体

  13. リンと窒素だけから成る芳香環

  14. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ちょっとキレイにサンプル撮影
  2. 電子デバイス製造技術 ーChemical Times特集より
  3. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  4. モッシャー法 Mosher Method
  5. 科学はわくわくさせてくれるものーロレアル-ユネスコ賞2015 PartII
  6. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  7. ブラン・ウレー クロロアルキル化 Blanc-Quellet Chloroalkylation

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

PAGE TOP