[スポンサーリンク]


典型元素

  1. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬を開発し, Nature 誌に報告しました。 (さらに…)…

  2. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

    第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

  3. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1…

  4. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  5. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

  7. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

  8. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  9. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  10. ゲルマニウムビニリデン

  11. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  12. ヘテロベンザイン

  13. アルカリ土類金属触媒の最前線

  14. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  15. ホウ素-ジカルボニル錯体

  16. リンと窒素だけから成る芳香環

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サステナブル社会の実現に貢献する新製品開発
  2. ホウ素-ジカルボニル錯体
  3. 創薬化学における「フッ素のダークサイド」
  4. もっとも単純な触媒「プロリン」
  5. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  6. Chemical Science誌 創刊!
  7. スナップタグ SNAP-tag

注目情報

最新記事

【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–

今回ご紹介する書籍「セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–」は、20…

芳香環にフッ素を導入しながら変形する: 有機フッ素化合物の新規合成法の開発に成功

第361回のスポットライトリサーチは、早稲田大学大学院先進理工学研究科(山口潤一郎研究室)小松田 雅…

湘南ヘルスイノベーションパークがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

レジェンド化学者もしくは第一人者の長時間講演を完全無料で放映する、ケムステVプレ…

化学企業が相次いで学会や顧客から表彰される

武蔵エナジーソリューションズ株式会社に所属する研究者が、2022年度電気化学会技術賞(棚橋賞)を受賞…

第20回次世代を担う有機化学シンポジウム

第20回記念!今年は若手向けの新企画もやります!「若手研究者が口頭発表する機会や自由闊達にディス…

PAGE TOP