[スポンサーリンク]


典型元素

  1. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬を開発し, Nature 誌に報告しました。 (さらに…)…

  2. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

    第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

  3. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1…

  4. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  5. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

  7. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

  8. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  9. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  10. ゲルマニウムビニリデン

  11. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  12. ヘテロベンザイン

  13. アルカリ土類金属触媒の最前線

  14. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  15. ホウ素-ジカルボニル錯体

  16. リンと窒素だけから成る芳香環

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 極小の「分子ペンチ」開発
  2. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  3. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!
  4. アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー
  5. 開催間近!ケムステも出るサイエンスアゴラ2013
  6. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素
  7. 二酸化炭素をはきだして♪

注目情報

最新記事

なぜあの研究室の成果は一流誌ばかりに掲載されるのか【考察】

Nature誌やScience誌は科学者ならば誰もが認める一流ジャーナルとして認識されています。そう…

PEG化合物を簡単に精製したい?それなら塩化マグネシウム!

ケミカルバイオロジー・生体関連化学用途の分子構造において、とにかくよく見かけるポリエチレングリコール…

バリー・ハリウェル Barry Halliwell

バリー・ハリウェル (Barry Halliwell、1949年10月18日-)は、イギリスの生化学…

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

PAGE TOP