[スポンサーリンク]


典型元素

  1. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1,2,4-トリアリールベンゼンを高収率で与える。アルキンの触媒的ホモ環化三量化反応環化三量化反応はアルキンを3つ組み合わせることによ…

  2. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  3. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  7. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  8. ゲルマニウムビニリデン

  9. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  10. ヘテロベンザイン

  11. アルカリ土類金属触媒の最前線

  12. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  13. ホウ素-ジカルボニル錯体

  14. リンと窒素だけから成る芳香環

  15. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterjee
  2. 触媒的プロリン酸化を起点とするペプチドの誘導体化
  3. 超微細な「ナノ粒子」、健康や毒性の調査に着手…文科省
  4. ワインのコルク臭の原因は?
  5. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心
  6. バージェス試薬 Burgess Reagent
  7. 化学者ネットワーク

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

PAGE TOP