[スポンサーリンク]


典型元素

  1. 窒素を直接 “消去” する分子骨格変換

    2021 年, シカゴ大学の Levin らのグループは、分子骨格から窒素原子を”消去” できる試薬を開発し, Nature 誌に報告しました。 (さらに…)…

  2. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

    第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

  3. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1…

  4. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  5. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

  7. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

  8. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  9. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  10. ゲルマニウムビニリデン

  11. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  12. ヘテロベンザイン

  13. アルカリ土類金属触媒の最前線

  14. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  15. ホウ素-ジカルボニル錯体

  16. リンと窒素だけから成る芳香環

スポンサー

ピックアップ記事

  1. プラスチックに数層の分子配向膜を形成する手法の開発
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻
  3. 分子のねじれの強さを調節して分子運動を制御する
  4. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  5. モーテン・メルダル Morten P. Meldal
  6. ワイス反応 Weiss Reaction
  7. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP