[スポンサーリンク]


典型元素

  1. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1,2,4-トリアリールベンゼンを高収率で与える。アルキンの触媒的ホモ環化三量化反応環化三量化反応はアルキンを3つ組み合わせることによ…

  2. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  3. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  7. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  8. ゲルマニウムビニリデン

  9. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  10. ヘテロベンザイン

  11. アルカリ土類金属触媒の最前線

  12. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  13. ホウ素-ジカルボニル錯体

  14. リンと窒素だけから成る芳香環

  15. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「脱芳香族的二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大学David Sarlah研より
  2. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride
  3. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  4. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  5. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  6. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  7. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP