[スポンサーリンク]


典型元素

  1. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離反応」についてお話ししました。今回は、光延反応, 福山アミン合成あるいは Appel 反応のような置換反応を俯瞰します。これらの反応の鍵も、…

  2. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  3. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

    マニュエル・アルカラゾ(Manuel Alcarazo, 1978年x月x日(スペイン生)-)は、ド…

  4. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

    第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

  5. ゲルマニウムビニリデン

    分子の末端に" =C: " 部位を持つ化合物として、イソニトリル(RN=C:)があります。この窒素の…

  6. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  7. ヘテロベンザイン

  8. アルカリ土類金属触媒の最前線

  9. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  10. ホウ素-ジカルボニル錯体

  11. リンと窒素だけから成る芳香環

  12. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 汝ペーハーと読むなかれ
  2. フラーレン:発見から30年
  3. 天然物界70年の謎に終止符
  4. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  5. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  6. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction
  7. ハリー・グレイ Harry B. Gray

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

PAGE TOP