[スポンサーリンク]


典型元素

  1. 炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

    第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお願いしました。車田さんの所属する山下研ではホウ素・アルミニウムといった13族典型元素を用いる構造有機化学研究に邁進され、以前にもスポ…

  2. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1…

  3. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  4. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

  7. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  8. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  9. ゲルマニウムビニリデン

  10. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  11. ヘテロベンザイン

  12. アルカリ土類金属触媒の最前線

  13. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  14. ホウ素-ジカルボニル錯体

  15. リンと窒素だけから成る芳香環

  16. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  2. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化反応
  3. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  4. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】
  5. π⊥ back bonding; 逆供与でπ結合が強くなる?!
  6. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  7. 新薬と併用、高い効果

注目情報

最新記事

国際化学オリンピック、日本の高校生4名「銀」獲得

文部科学省は2020年7月31日、オンラインで開催された「第52回国際化学オリンピック」に参加した高…

有機合成化学協会誌2020年8月号:E2212製法・ヘリセン・炭素架橋オリゴフェニレンビニレン・ジケトホスファニル・水素結合性分子集合体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年8月号がオンライン公開されました。今回は担当…

第八回ケムステVシンポジウム「有機無機ハイブリッド」を開催します!

夏真っ盛りですね。某ウイルスのもろもろに目を奪われがちですが、この季節は熱中症にも気をつけましょう。…

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

PAGE TOP