[スポンサーリンク]


典型元素

  1. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1,2,4-トリアリールベンゼンを高収率で与える。アルキンの触媒的ホモ環化三量化反応環化三量化反応はアルキンを3つ組み合わせることによ…

  2. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  3. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  7. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  8. ゲルマニウムビニリデン

  9. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  10. ヘテロベンザイン

  11. アルカリ土類金属触媒の最前線

  12. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  13. ホウ素-ジカルボニル錯体

  14. リンと窒素だけから成る芳香環

  15. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ギー・ベルトラン Guy Bertrand
  2. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体
  3. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  4. 情報守る“秘密の紙”開発
  5. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  6. 2007年度イグノーベル賞決定
  7. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

PAGE TOP