[スポンサーリンク]


典型元素

  1. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が、有機および有機金属合成において幅広く利用されている。これら誘導体中のアルミニウムの酸化数は、基本的に+IIIである。 (さらに&h…

  2. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  3. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  4. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

    マニュエル・アルカラゾ(Manuel Alcarazo, 1978年x月x日(スペイン生)-)は、ド…

  5. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

    第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

  6. ゲルマニウムビニリデン

  7. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  8. ヘテロベンザイン

  9. アルカリ土類金属触媒の最前線

  10. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  11. ホウ素-ジカルボニル錯体

  12. リンと窒素だけから成る芳香環

  13. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  2. 天野 浩 Hiroshi Amano
  3. 細胞をすりつぶすと失われるもの
  4. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  5. カシノナガキクイムシ集合フェロモンの化学構造を解明
  6. エタール反応 Etard Reaction
  7. ベティ反応 Betti Reaction

注目情報

最新記事

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

PAGE TOP