[スポンサーリンク]


典型元素

  1. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる

    ジゲルミンを触媒前駆体とするアリールアルキンの環化三量化反応が報告された。位置選択的に反応が進行し1,2,4-トリアリールベンゼンを高収率で与える。アルキンの触媒的ホモ環化三量化反応環化三量化反応はアルキンを3つ組み合わせることによ…

  2. ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

  3. Al=Al二重結合化合物

    アルミニウムは、地球の地殻中で、酸素、ケイ素に次いで3番目に豊富な元素であり、現在、その多く誘導体が…

  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)

    リンの化学第 2 弾です。前回の記事では、Wittig 反応に代表される「四員環中間体からのシン脱離…

  5. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

    有機化合物中に主に現れる元素は C, H, N, O あるいは S 原子などですが、有機反応の中には…

  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  7. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

  8. ゲルマニウムビニリデン

  9. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明

  10. ヘテロベンザイン

  11. アルカリ土類金属触媒の最前線

  12. メタルフリー C-H活性化~触媒的ホウ素化

  13. ホウ素-ジカルボニル錯体

  14. リンと窒素だけから成る芳香環

  15. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  2. π-アリルパラジウム錯体
  3. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  4. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  7. 寺崎 治 Osamu Terasaki

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

PAGE TOP