[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

化学者の単語登録テクニック

[スポンサーリンク]

これまで何度か書いてることですが、化学者といえども、文章を書く機会にはたくさん遭遇します。

特に本質でない事務処理やメール作業は、1分1秒でも高速化したいものです。

そのために筆者は日本語入力ソフト(ATOK)にありとあらゆる単語を登録しています。入力間違いも減るというおまけ付きで甚だ快適です。

困るたびに解決を模索してきたのですが、筆者なりの工夫をご紹介します。

学術語と干渉しがちな日常語を区別する

おx 酸化 さんか 参加
れd 還元 かんげん 換言
ましn 機械 きかい 機会
けむ 化学 さい 科学
えf 効果 こうか 高価
あd 付加 ふか 不可 or 負荷
ぷれ 精製 げn 生成
pれ 調製 ちょうせい 調整

化学者的に多く出くわす干渉ペアの代表格を挙げてみました。困ったことにどちらも使用頻度が高すぎる都合、日本語変換ソフトが使い分けを学習してくれないのです。

こういったものには最初から別キーを割り当てるようにすれば、入力ストレスを減らすことができます。慣れるまで少々かかりますが、使いこむにつれ日本語ソフト側でも学習が進み、片方の出現頻度が下がっていきます。

読みを設定するときのコツですが、学術語をアルファベット・英語読みの頭文字に対応させておくほうが、混乱しづらくなるように個人的には感じています。

日常語を打つときはアタマを使いたくないので、そちらは素直な読みに対応させておくのが無難です。

括弧と括弧付き単語を登録する

っc
っk
s っs
1; 【1】(墨付き括弧+番号) げか (月)(括弧付き曜日)
などなど・・

こちらの記事を拝見して以来、丸パクリ採用しております。元記事どおり、c→括弧  k→鍵括弧、s→墨付き括弧 の頭文字で覚えましょう。

括弧の使い分け機会は意外と多く、上記の単語登録で大変楽になりました。ムチャクチャ便利です。

ジャーナル略称を登録しておく

じゃcs
じゃっくす
J. Am. Chem. Soc. あんげ Angew. Chem. Int. Ed.
おl
おーえる
Org. Lett. じょc
じぇいお
J. Org. Chem.
んc
ねいけむ
Nat. Chem. cs
けむさい
Chem. Sci.
んcお
ねいこむ
Nat. Commun. csr Chem. Soc. Rev.

いちいち手で打つのは面倒なので、代表的なものは全て登録しています。迷わず直感的に済むよう、筆者は頭文字略称と読みを両方登録してますが、そこらへんはお好みでどうぞ。

DOI番号からの論文取得をスピードアップする”どい”→https://doi.org/ の単語登録もオススメです。

機関名+同業者、業者+担当者名のコンボ登録

いけ 池田理化 ○○様
とうたなか 東京大学大学院××系研究科 田中○○ 先生

外部とのやりとりが立場上増えてきたので、メール負荷を減らすべく多用しているテクニックです。

たとえば池田理化理科研などは頻度高くやりとりする商社なのですが、担当の方はいつも同じです。なので、担当者の名前込みで単語登録をしておけば便利です。担当が異動してしまったら、単語登録のほうを修正すればOK。

同じように大学の同僚や、共同研究相手なども登録しておくといいでしょう。

やりとりの多い連絡先だけでも登録しておけば随分違います。

職場/自宅/プロフィール情報を登録

しょくば 〒1x-00xx 東京都××区○○ a-b-c ▲▲大学大学院××系研究科 ■■教室(職場住所)
じたく 〒1xx-00xx 東京都××区○○ a-b-c  ■■マンション10x(自宅住所)
じっか (実家住所)
でんわ
てl
03-xxxx-yyyy(職場の電話番号)
ふぁx 03-xxxx-yyyy(職場のFAX番号)
けいたい 080-xxxx-yyyy (携帯番号)
めーる
まいl
xxxx@yyyy.zzz.ac.jp(職場メール)
けむすて Chem-Station もしくは https://www.chem-station.com

これも使いどころが無数にありますので登録必須です。自分の姓・名の頭文字だけで一発変換可能にしておくのも便利です(”おい”→自分の姓名 など)。

特にメール末尾に毎度書くとき重宝します。

お決まりのビジネス文言はとにかく登録

ごぶ ご無沙汰しております
あり ありがとうございます
おつ お疲れ様です
おて お手数おかけしまして大変恐縮でございますが
なに 何卒よろしくお願い申し上げます。
よろ よろしくお願い申し上げます
おせ お世話になっております
さっそ 早速のご返事ありがとうございます

ビジネス礼節フレーズも打鍵が面倒なので、当然全て単語登録です。

ほとんどのケースでは2文字当てておけば問題ありません。被ってしまったり覚えづらいときに、3~4文字当てればいいでしょう。使用頻度が高いものは、1文字でも良いぐらいです。打鍵数を減らす姿勢がとにかく重要です。

単語登録の蓄積を失わないために

単語登録が増えるに従い、単語帳バックアップの重要度は増してきます。しかし天災は忘れた頃にやってくるもの。ふとしたことでデータが飛んでしまうと、泣くに泣けません。

この観点からも、ATOK Syncの使用がお薦めです。単語データがクラウドと自動同期されるので、複数環境で同じ単語帳を使えます。バックアップに気を遣う必要もなくなります。

ATOK自体も優れたソフトですし、300円/月程度でリスクヘッジ出来ると思えば安いものだと思えています。

関連書籍

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 特許の基礎知識(2)「発明」って何?
  2. ケムステの記事が3650記事に到達!
  3. 映画「分子の音色」A scientist and a music…
  4. ケムステイブニングミキサー2015を終えて
  5. 研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)
  6. アメリカの大学院で受ける授業
  7. レドックス反応場の論理的設計に向けて:酸化電位ギャップ(ΔEox…
  8. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  2. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  3. 第35回安全工学シンポジウム
  4. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その1】
  5. キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~
  6. リンダウ会議に行ってきた①
  7. 特許の基礎知識(3) 方法特許に注意! カリクレイン事件の紹介
  8. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  9. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  10. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP