[スポンサーリンク]


化学オリンピック

  1. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる

    世界の高校生が化学の実力を競う「第49回国際化学オリンピック」の日本代表に新高校3年生4人が決まった。日本代表は4度の強化訓練合宿に臨んだうえで、タイで7月6日から開催される大会に挑む。(高校生新聞オンライン2017年3月17日)「…

  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!

    文部科学省は1日、世界の高校生らが参加して、ジョージア(グルジア)で開かれた「国際化学オリンピック」…

  3. 国際化学オリンピックで今年も好成績!

    文部科学省は29日、各国の高校生らが参加してベトナムで開かれた「国際化学オリンピック…

  4. 化学オリンピック完全ガイド

     内容出場できる人の資格は? 英語に自信がなくても参加できるってほんと? どんな問題がでるの…

  5. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック

     台湾・台北市で開かれた第37回国際化学オリンピックで24日、私立武蔵高(東京都)3年の川崎瑛生(か…

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  2. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  3. 少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ
  4. 親子で楽しめる化学映像集 その2
  5. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発
  6. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  7. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得

注目情報

最新記事

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

PAGE TOP