[スポンサーリンク]


太陽電池

  1. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

    Scientists at Rice University in Texas have developed a device which converts heat into light by squeezing it into a sma…

  2. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授

    第22回はグラスゴー大学化学科のリー・クロニン教授です。クロニン教授は機能性分子および材料の設計とそ…

  3. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】

    日時        : 2010年8月27日(金) 10:00~16:00会場     …

  4. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】

    日時        : 2010年4月28日(水) 13:00~16:15会場     …

  5. 明るい未来へ~有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%~

    有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%

  6. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

  7. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel

  8. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入

  9. 中村栄一 Eiichi Nakamura

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  2. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  3. Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!
  4. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  5. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  6. 深海の美しい怪物、魚竜
  7. 癸巳の年、世紀の大発見

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP