[スポンサーリンク]


機械学習

  1. タンパク質の構造ゆらぎに注目することでタンパク質と薬の結合親和性を評価する新手法

    第 387 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院理工学研究科 泰岡研究室 前期博士課程 2 年の 安田 一希 (やすだ・いっき) さんにお願いしました。安田さんの所属する泰岡研究室では、分子動力学 (MD: …

  2. 天才プログラマー タンメイが教えるJulia超入門

    概要使いやすさと実行速度を兼ね備えた注目のプログラミング言語Julia.世界の天才プ…

  3. 第53回「すべての化学・工学データを知識に変える」金子弘昌准教授

    第53回の研究者のインタビューは、明治大学の金子弘昌 准教授にお願いしました!ご専門はケモイ…

  4. 金子 弘昌 Hiromasa Kaneko

    金子 弘昌(かねこ ひろまさ)は、日本の化学者である。明治大学 理工学部 応用化学科・准教授。専門は…

  5. 山西芳裕 Yoshihiro Yamanishi

    山西 芳裕(やまにし よしひろ)は日本の科学者である。九州工業大学 大学院情報工学研究院 生命化学情…

  6. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!

  7. MIを組織内で90日以内に浸透させる3ステップ

  8. 機械学習は、論文の流行をとらえているだけかもしれない:鈴木ー宮浦カップリングでのケーススタディ

  9. 機械学習用のデータがない?計算機上で集めませんか。データ駆動型インシリコ不斉触媒設計で有機合成DX

  10. フローケミストリーーChemical Times特集より

  11. Pythonで気軽に化学・化学工学

  12. 果たして作ったモデルはどのくらいよいのだろうか【化学徒の機械学習】

  13. 化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

  14. ゼロから学ぶ機械学習【化学徒の機械学習】

  15. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

  16. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B
  2. ガンマ線によるpHイメージングに成功 -スピンを用いて化学状態を非侵襲で観測-
  3. アジフェーズ法 AJIPHASE Method
  4. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  5. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明
  6. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  7. LEGO ゲーム アプローチ

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータの前処理-データ整理・把握や化学構造のSMILES変換のやり方を解説-

開催日:2022/10/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

【いまさら聞けない?】アジドの取扱いを学んでおこう!

今年のノーベル化学賞とも深く関連する、アジド化合物。受賞対象となったクリックケミストリーに加えて、ア…

【技術系スタートアップ合同フォーラムのお知らせ】 ディープテックのリアル-業界ならでは魅力と社会課題解決への想い

ディープテックに関心がある方、スタートアップへのジョインに興味のある方、スタート…

【速報】2022年ノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」へ!

2022年のノーベル化学賞は「クリックケミストリーと生体直交化学」の開発業績で、バリー・シャープレス…

in-situ放射光X線小角散実験から明らかにする牛乳のナノサイエンス

第425回のスポットライトリサーチは、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所(物構研)の高木…

PAGE TOP