[スポンサーリンク]


自己組織化

  1. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

    第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんにお願いしました。石井研究室では、こだわり抜いた光電子分光装置などを駆使して有機ELなどをはじめとした分子エレクトロニクスを理学・工学…

  2. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

    第89回の海外化学者インタビューは、アンディ・ウィルソン教授です。リーズ大学化学科に所属し、タンパク…

  3. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

    第75回の海外化学者インタビューは、オマー・ヤギー教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 化学・…

  4. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

    第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェ…

  5. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

    第253回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(藤田研究室)・猪俣 祐貴さんにお願…

  6. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

  7. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授

  8. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

  9. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子

  10. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

  11. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

  12. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

  13. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  14. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  15. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

  16. ブロック共重合体で無機ナノ構造を組み立てる

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 静電相互作用を駆動力とする典型元素触媒
  2. 近況報告Part III
  3. NaHの水素原子の酸化数は?
  4. Reaxys無料トライアル実施中!
  5. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  6. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (後編)
  7. 元素川柳コンテスト募集中!

注目情報

最新記事

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

PAGE TOP