[スポンサーリンク]


自己組織化

  1. 水が決め手!構造が変わる超分子ケージ

    レゾルシンアレーンと水分子により構成される超分子ケージC11R6の新たな構造が報告された。構造変化により酸性度が増大し、触媒能が約10倍向上した。C11R6の性質と新たな構造の発見超分子ケージは、複数の分子が分子間相互作用によってケ…

  2. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

    美しい構造の分子ってワクワクしますよね。更に高分子だと、二次構造, 三次構造が可愛くなること…

  3. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

    第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

  4. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

    第89回の海外化学者インタビューは、アンディ・ウィルソン教授です。リーズ大学化学科に所属し、タンパク…

  5. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

    第75回の海外化学者インタビューは、オマー・ヤギー教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 化学・…

  6. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

  7. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

  8. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

  9. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授

  10. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

  11. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子

  12. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

  13. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

  14. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

  15. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  16. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  2. ビオチン標識 biotin label
  3. モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる
  4. イオンのビリヤードで新しい物質を開発する
  5. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  6. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  7. 化学企業のグローバル・トップ50が発表

注目情報

最新記事

理工系のAI英作文術

概要英語が苦手な人でもAI自動翻訳を使えば、短時間で英語が得意な人に匹敵する英文が書…

Ni(0)/SPoxIm錯体を利用した室温におけるCOの可逆的化学吸着反応

第395回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科 (生越研究室)・山内泰宏さんにお願…

第27回ケムステVシンポ『有機光反応の化学』を開催します!

7月に入り、いよいよ日差しが強まって夏本格化という時期になりました。光のエネルギーを肌で感じられます…

国内最大級の研究者向けDeepTech Company Creation Program「BRAVE FRONTIER」 2022年度の受付開始 (7/15 〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発

第394回のスポットライトリサーチは、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝…

PAGE TOP