[スポンサーリンク]


自己組織化

  1. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

    美しい構造の分子ってワクワクしますよね。更に高分子だと、二次構造, 三次構造が可愛くなることもあり、一石二鳥です。そんな中、先日のNatureから、嘘でしょ!って、二度見するような美しい高分子が報告されました(アイキャッチ画…

  2. 荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

    第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

  3. 第89回―「タンパク質間相互作用阻害や自己集積を生み出す低分子」Andrew Wilson教授

    第89回の海外化学者インタビューは、アンディ・ウィルソン教授です。リーズ大学化学科に所属し、タンパク…

  4. 第75回―「分子素子を網状につなげる化学」Omar Yaghi教授

    第75回の海外化学者インタビューは、オマー・ヤギー教授です。カリフォルニア大学ロサンゼルス校 化学・…

  5. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

    第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェ…

  6. ペプチド鎖が精密に編み込まれた球殻状ナノカプセル〜24交点の絡まりトポロジーをもつ[6]カテナン分子の合成〜

  7. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

  8. 第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授

  9. 第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

  10. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子

  11. 【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

  12. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

  13. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う

  14. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

  15. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授

  16. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2016年JACS Most Read Articles Top10を眺める
  2. 大学入試のあれこれ ②
  3. ステープルペプチド Stapled Peptide
  4. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  5. 木材を簡便に透明化させる技術が開発される
  6. Pure science
  7. アセト酢酸エステル/マロン酸エステル合成 Acetoacetic Ester / Malonic Ester Synthesis

注目情報

最新記事

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

PAGE TOP