[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

[スポンサーリンク]

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistryのブログ「The Sceptical Chymist」のインタビュー「Reaction」から同ブログの許可を得て、日本語翻訳しています。10年以上前になっているので内容自体は古くなっているかもしれませんがご容赦ください。

第38回の海外化学者インタビューは、ニール・チャンプネス教授です。ノッティンガム大学化学科に所属し、結晶工学を介した固体状態でのナノスケール表面超分子集積および組織化を含む、分子組織化のあらゆる側面に取り組んでいます。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

私は化学者としてはそれなりの能力を持っていましたが、キャリアとしての化学に興味を持つようになったのは、博士課程のときです。博士課程で初めて自分のために分子を作ったり新しいことを発見したときに、このことが思い浮かびました。もはや研究室に入ることはほとんどありませんが、研究グループが進歩に踏み出したときには、今でもそのことが話題になります。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

政治家になってしまいそうです。多くの人が驚くだろうとは思えます。しかし、自らの天賦の才を他人のために使うべきだという強い意識を私は持っていますし、たとえいつもはうまくいかなくても、ほとんどの人より大きな変化をもたらす可能性が政治家にはあると常に感じています!私は強い政治観を持っていて、化学よりも長い間、政治に興味を持っていたと思います。そしてもっと多くの科学者が政治に関わるべきだと思います。結局のところ、私たちには貢献できることがたくさんあるのですから。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

先ほどの答えからもお分かりでしょうが、化学者が能力をより広い利益のために使うことは極めて重要だと思います。化学者はすでに、新薬や多くの新技術をもって世界に多大な貢献をしています。現代の世界で出会うほとんどすべてのものは、何らかの形で化学者によって改良されてきました。化学者が今後数年間で大きな変化をもたらす分野の1つは、気候変動の影響をコントロールすることでしょう。考えてみれば、その問題を理解し、克服する方法を知っているのは化学者だけです。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

ロバート・F・ケネディです。彼は兄のJFKほど有名ではありませんが、社会の恵まれない人々に手を差し伸べるような、真にビジョンを持つ素晴らしい人物でした。彼は政治的に非常に影響力があり、ビル・クリントンやトニー・ブレアなどによって知られるいわゆる「第三の道」の背後にある真の思想でした。もし彼が1968年の民主党指名獲得の選挙運動中に射殺されていなければ、ニクソンを打ち負かし大統領となり、ベトナムから引き揚げたかもしれません。今日の世界はきっと全く違う場所になっていることでしょう。

Robert F. Kennedy (1925-1968)(写真:Wikipedia)

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

数年来の研究室教育以外、ほとんど思い出せません!かつては爆発と光を使った実演講義を行っていましたが、研究実験よりも最近のことでした。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

聖書とシェークスピアがあるかどうか次第でしょうか? もしなければ、聖書を持って行かねばならないでしょう。すでにあるなら、いろいろな本を読んできているもので、選ぶのは大変ですね。小説なら村上春樹の「ノルウェイの森」、ノンフィクションならロバート・F・ケネディのスピーチ集「世界の暮らしをやさしく」でしょうか。CDはボブ・ディランの「ブロンド・オン・ブロンド」でなければなりません。私が生まれるより前に作られた曲ですが、それ以上のものはありません。

原文:Reactions – Neil Champness

※このインタビューは2007年11月9日に公開されました。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel…
  2. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  3. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 …
  4. 第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richm…
  5. 第62回―「再生医療・ドラッグデリバリーを発展させる高分子化学」…
  6. 第125回―「非線形光伝播の基礎特性と応用」Kalai Sara…
  7. 第86回―「化学実験データのオープン化を目指す」Jean-Cla…
  8. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nichola…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Arcutine類の全合成
  2. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  3. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  4. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  5. ケミカル数独
  6. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  7. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校・M.C.White研より
  8. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  9. あなたの体の中の”毒ガス”
  10. NMRの測定がうまくいかないとき(2)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP