[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授

[スポンサーリンク]

第70回の海外化学者インタビューは、アライン・ミラー教授です。イギリス・マンチェスター大学のマンチェスター学際バイオセンターに所属し、自然界がどのようにして自己組織化を利用して機能性ナノマテリアルを生成するのかを理解し、これを合成システムで模倣し活用しようとしています。それではインタビューをどうぞ。

Q. あなたが化学者になった理由は?

子どもの頃、化学実験セットを与えられ、自宅の温室で色の違う液体を混ぜたり、物を熱したり、時には火をつけたりを何時間もしていたのを覚えています(両親がとても怖かったです!)。この発熱反応に対する魅力は学生時代も続き、化学と物理学のどちらを選ぶかで難しい決断を迫られました。当時は女子学生が多かったので、化学を選んでしまいました。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

新しい場所を訪れたり、異なる文化を体験するのが大好きなので、旅行作家になりたいと強く思います。しかし、もし二酸化炭素排出量のことを考え、家族に会うことも考えたら、おろさく紅茶店を開くでしょう。そうすれば、焼くのが(食べるのも)大好きなケーキを売ることができます。

Q. 概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

汚染を減らし、環境を改善しようとする現在の取り組みに加えて、健康や生活の質、そして毎日の健康を改善する上で化学者は重要な役割を果たしていると思います。すべての人が利用可能なさらなる効果的治療法の創出だけでなく、材料特性の改良やパーソナルケア製品のような小さなものづくりも、これにあてはまると思います。

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰とまたその理由は?

そうですね、明らかなのはドロシー・ホジキンでしょう。彼女は科学にこれほどまでの貢献を果たしながらも、生徒たちを鼓舞し、家族を養っていたと思うのですが、どのようにしてそれを成し遂げたのでしょうか!とはいえ一人だけを選ばないといけないなら、レオナルド・ダ・ヴィンチにします。彼は科学、解剖学、工学を含む多くの分野における優れた思想家であり、先駆者でした。何が彼に影響を与え、何が彼を鼓舞していたかを知ることは、とても興味深いことだと思えます。また、自然からインスピレーションを得て高機能な材料・システムを生み出したのも、彼が最初だったと思います。

Dorothy Crowfoot Hodgkin (1910-1994)

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

えっ?恥ずかしながら、ついさっきです!2年ほど前にフィンランドのヘルシンキで共同研究者たちとタンパク質ハイドロゲルの低温透過型電子顕微鏡観察を行いました。私の学生が一緒でした(そして、どうすればいいかも教えてくれました!)が、それが重要かはわかりません。一方で昨晩ピザ用の生地を作ったので、最後の実験は発酵といえるかもしれませんね。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

残念ながら、仕事と二人の幼い子供に挟まれ、読書をする時間があまりなく、暗くなったら寝るべきだと思っています(冬は最高ですが、夏の長夜はあまりよくありません!)。もし一つ選ばねばならないなら、J・K・ローリングの 「ハリー・ポッター」 の最終巻です。

私の趣味は幅広いのでCDを1枚選ぶのは難しいですが、自分のルーツに忠実に、スコットランドのバンド・Deacon Blueを選ぶべきでしょう。そうすれば、故郷へ帰る道を見つけるための情熱を彼らが吹き込んでくれるでしょうから!

原文:Reactions – Aline Miller

※このインタビューは2008年6月27日に公開されました。

還元動画

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – …
  2. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…
  3. 第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao J…
  4. 第四回 期待したいものを創りだすー村橋哲郎教授
  5. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授
  6. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  7. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーP…
  8. 第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew D…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る
  2. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  3. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  4. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  5. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  6. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  7. チエナマイシン /thienamycin
  8. 有機フッ素化合物の新しいビルドアップ構築法 ~硫黄官能基が導く逐次的分子変換~
  9. もし炭素原子の手が6本あったら
  10. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

化学工業で活躍する有機電解合成

かつて化学工業は四大公害病をはじめ深刻な外部不経済をもたらしましたが、現代ではその反省を踏まえ、安全…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP