[スポンサーリンク]


超分子

  1. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

    秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 教授。第22回ケムステVシンポ講師経歴1980年3月 九州大学工学部合成化学科卒業1985年3月 九州大学大学院工学研究科合成化…

  2. HKUST-1: ベンゼンが囲むケージ状構造体

    HKUST-1 は MOF-5 とほぼ同時期に報告された歴史ある構造体です。二核銅正方柱クラスターを…

  3. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

    第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

  4. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

    美しい構造の分子ってワクワクしますよね。更に高分子だと、二次構造, 三次構造が可愛くなること…

  5. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

  6. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

  7. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

  8. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

  9. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  10. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  11. ピラーアレーン

  12. シアノスター Cyanostar

  13. 超分子ポリマーを精密につくる

  14. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

  15. ホストとゲスト?

  16. 不安定な合成中間体がみえる?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  2. 新たな要求に応えるために発展するフッ素樹脂の接着・接合技術
  3. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  4. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  5. Dihydropyridazinone環構造を有する初の天然物 Actinopyridazinoneを発見 ~微生物の持つヒドラジン生合成経路の多様性を解明~
  6. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  7. 組曲『ノーベル化学賞』

注目情報

最新記事

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

PAGE TOP