[スポンサーリンク]


超分子

  1. 秋吉一成 Akiyoshi Kazunari

    秋吉 一成(あきよしかずなり)は日本の有機化学者である。京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 教授。第22回ケムステVシンポ講師経歴1980年3月 九州大学工学部合成化学科卒業1985年3月 九州大学大学院工学研究科合成化…

  2. HKUST-1: ベンゼンが囲むケージ状構造体

    HKUST-1 は MOF-5 とほぼ同時期に報告された歴史ある構造体です。二核銅正方柱クラスターを…

  3. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

    第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

  4. 分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

    美しい構造の分子ってワクワクしますよね。更に高分子だと、二次構造, 三次構造が可愛くなること…

  5. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

  6. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

  7. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

  8. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

  9. ピーナッツ型分子の合成に成功!

  10. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  11. ピラーアレーン

  12. シアノスター Cyanostar

  13. 超分子ポリマーを精密につくる

  14. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

  15. ホストとゲスト?

  16. 不安定な合成中間体がみえる?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 室温で液状のフラーレン
  2. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  3. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  4. 第42回ケムステVシンポ「ペプチドと膜が織りなす超分子生命工学」を開催します!
  5. 二酸化炭素をほとんど排出せず、天然ガスから有用化学品を直接合成
  6. 金属材料・セラミックス材料領域におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用
  7. 二窒素の配位モードと反応性の関係を調べる: Nature Rev. Chem. 2017-4/5月号

注目情報

最新記事

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

PAGE TOP