[スポンサーリンク]


超分子

  1. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラーレン(C60)が惑星本体、アントラセンを主鎖骨格に持つ大環状分子が土星の輪を模したような分子構造を持つ、ホスト−ゲスト錯体である。N…

  2. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

    分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

  3. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

    第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

  4. 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

    「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

  5. ピーナッツ型分子の合成に成功!

    第117回のスポットライトリサーチ。東京工業大学化学生命科学研究所 穐田・吉沢研究室の矢崎晃平博士(…

  6. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!

  7. ピラーアレーン

  8. シアノスター Cyanostar

  9. 超分子ポリマーを精密につくる

  10. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル

  11. ホストとゲスト?

  12. 不安定な合成中間体がみえる?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学
  2. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  3. 最も引用された論文
  4. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  5. デイヴィット・ベイカー David Baker
  6. 無限の可能性を秘めたポリマー
  7. 日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

注目情報

最新記事

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

PAGE TOP