[スポンサーリンク]

ケムステニュース

中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布

[スポンサーリンク]

2019年10月12日、中国化学品安全協会(CCSA)は「化学実験室安全管理規範(意見募集案)T/CCSAS 005-2019」(以下、規範と略称)を公布しました。この規範はCCSAによって制定した団体標準であり、2019年11月12日まで意見を募集しています。  (引用:Chemlinked 10月22日)

中国化学品安全協会(CCSA)は危険化学品登記の政府主管部門である国家安全生産監督管理総局(SAWS)傘下の業界団体であり、化学品にかかわる規制や基準を作成し、化学物質の安定的かつ安全な生産の促進を推進しているようです。1993年、中国化工安全衛生技術協会として発足し、2006年に中国化学品安全協会と名称を変更しました。会員となっている企業は、300以上にのぼりSinopecやPetroChinaといった大手企業も参加しているようです。Webサイトは、中国語のみなので詳細は分かりませんが、規制のデータベースや安全教育に関するセミナーの案内、事故の事例の共有、化学関連のニュースなどコンテンツは多岐にわたり日本化学工業協会のサイトより実用的な内容が充実しているような印象を受けました。

今回CCSAが公布したのは、化学および化学研究所の安全管理規則で、これにより実験室の安全管理レベルを改善させ、事故を予防することを目的に下記の目次のような内容について基準が設定されています。一通り翻訳して読んでみましたが、実験室の設備、作業者の服装、安全葬儀、危険物の保管方法、高圧ガスシリンダーの取り扱い、有害物質の廃棄方法などについて具体的な数字をあげて示してあります。

1:範囲
2:規範的な参照
3:用語と定義
4:実験室安全管理慣行
4.1: 管理システム
4.2:組織と責任
4.3: 人事管理
4.4: 化学物質管理
4.5: 機器/ 機器管理
4.6: 施設管理
4.7: 環境管理
4.8: セキュリティリスク識別評価
4.9: セキュリティリスク管理
4.10: 緊急管理
付録A (参考情報)一般的に使用される危険な化学薬品の保管非適合材料の構成表
付録B (参考)廃棄する必要がある廃液の最小濃縮、収集、および処理

特に気になったのは、

  • 20m2以上の部屋には2個以上の消火器を設置
  • 危険物を取り扱う部屋では15L/min・m2以上の水圧で90分間以上給水されるスプリンクラーを設置
  • 75m2以上の部屋には2つ以上の出入り口を、200m2以上の部屋には2つ以上の非常口を設置
  • 70デシベル以上の発生させる危機については騒音低減策を実施
  • ドラフト内にソケット、プラグ、および端子ブロックを設置または配置することは非推奨
  • 実験室には熱傷クリーム、絆創膏、ヨウ素、綿棒、包帯、止血帯などの医療用品を設置
  • 実験室の固定オフィスエリアは、実験操作エリアから隔離されなければならない
  • 作業を行う者は必要に応じて保護服、ズボン、手袋、ゴーグル、マスク、およびその他の必要な保護具を着用するものとする。長い髪はプラッターまたはキャップを着用する必要があり。ハイヒール、サンダル、スリッパ、ショートパンツ、ショートスカートなどを着用してはならない。

という指針内容で、非常設備の充実と作業者の安全確保を強く訴えている基準書であることがわかります。日本には業界による基準書はなく各大学が実験室の指針を公開しているに過ぎませんが、それと比較しても同等、あるいはこの規則のほうが厳しいように感じました。また化学品のラベルなど、より詳細な基準については、国家基準GBを参照するように記載されていて、化学品を取り扱う現場でもトレーニング資料として使える内容だと思いました。

このような規則を策定する背景ですが、中国の化学業界サイドから安全な化学実験環境をどの職場でも整えるためだと考えられます。化学系学科の大学を卒業した人の場合、学生実験を行う際に基本的なルールを学び、大学の研究室で実験を行う時にさらに深く学ぶため、社会人になった時にはある程度の安全に関する知識は持ち合わせています。しかしながら異なる専門を学んだ人が化学実験やラボの管理、研究所の設計に従事することも当然あり、常識レベルのルールが書かれた基準書が重宝されることは多々あります。そのようなときにこの安全管理規則は役に立つのではないかと思います。また、新しいラボを設計する際にも、安全性と予算、利便性で折り合いをつける必要が出てきます。その時に上記に挙げたような基準を最低ラインとして設定することが可能であり、安全を確保したラボを構築できるのではと思います。

この規則はまだ案ですが、今後の改定作業でより良い規則となり、中国の化学業界がこれを遵守することでより良い労働環境になってほしいと思います。

関連書籍

ラボの安全に関連したケムステ過去記事

関連記事

  1. 三井化学、「環状オレフィンコポリマー(商標:アペル)」の生産能力…
  2. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  3. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  4. 風力で作る燃料電池
  5. エストロゲン、閉経を境に正反対の作用
  6. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
  7. 博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度
  8. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3.11 14:46 ①
  2. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  3. 次なる新興感染症に備える
  4. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinson Pyrrole Synthesis
  5. 2016年4月の注目化学書籍
  6. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  7. Carl Boschの人生 その4
  8. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  9. フラーレン /Fullerene
  10. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP