[スポンサーリンク]


Angewandte

  1. 合成小分子と光の力で細胞内蛋白質の局在を自在に操る!

    第322回のスポットライトリサーチは、東北大学多元物質科学研究所 (水上研究室)・小和田俊行 助教にお願いしました。光で生体高分子を操作する技術は、生命科学研究を進展させる強力なツールになります。中でも細胞内タンパク質の連結技術は、…

  2. 含フッ素カルボアニオン構造の導入による有機色素の溶解性・分配特性の制御

    第305回のスポットライトリサーチは、東京薬科大学大学院 薬学研究科(松本・矢内研究室)・干川翔貴さ…

  3. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

    第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師に…

  4. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓

    第156回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学系研究科の亀谷優樹(かめたに ゆうき)さんに…

  5. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

  6. 好奇心の使い方 Whitesides教授のエッセイより

  7. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

  8. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

  9. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

  10. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  11. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  12. アルミニウムで水素分子を活性化する

  13. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子

  14. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用

  15. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体

  16. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

スポンサー

ピックアップ記事

  1. タンパク質の構造を巻き戻す「プラスチックシャペロン」
  2. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  3. リンダウ会議に行ってきた④
  4. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授
  5. 米デュポン株、来年急上昇する可能性
  6. 水分解反応のしくみを観測ー人工光合成触媒開発へ前進ー
  7. 四国化成ホールディングスってどんな会社?

注目情報

最新記事

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

PAGE TOP