[スポンサーリンク]


Angewandte

  1. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

    第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師にお願いしました。川上先生はアカデミアポスト着任後より、「人工タンパク質の自己集合を設計し、機能創出を目指す研究」を精力的に展開してお…

  2. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓

    第156回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学系研究科の亀谷優樹(かめたに ゆうき)さんに…

  3. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

  4. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

    2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

  5. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

    2017年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、光触媒から可視光増感型電子移動機…

  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

  7. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  8. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  9. アルミニウムで水素分子を活性化する

  10. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子

  11. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用

  12. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体

  13. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  14. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

  15. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  16. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  2. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  3. 近況報告PartII
  4. キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」
  5. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination
  6. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  7. スコット・デンマーク Scott E. Denmark

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

PAGE TOP