[スポンサーリンク]


Angewandte

  1. サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

    第163回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部 ・川上了史(かわかみ のりふみ)講師にお願いしました。川上先生はアカデミアポスト着任後より、「人工タンパク質の自己集合を設計し、機能創出を目指す研究」を精力的に展開してお…

  2. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓

    第156回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学系研究科の亀谷優樹(かめたに ゆうき)さんに…

  3. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!

    2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

  4. 抽出精製型AJIPHASE法の開発

    2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

  5. 可視光増感型電子移動機構に基づく強還元触媒系の構築

    2017年、レーゲンスブルク大学・Burkhard Königらは、光触媒から可視光増感型電子移動機…

  6. 有機レドックスフロー電池 (ORFB)の新展開:オリゴマー活物質の利用

  7. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

  8. チオール架橋法による位置選択的三環性ペプチド合成

  9. アルミニウムで水素分子を活性化する

  10. 水素ガス/酸素ガスで光特性を繰り返し変化させる分子

  11. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用

  12. 光照射下に繰り返し運動をおこなう分子集合体

  13. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  14. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

  15. 同位体効果の解釈にはご注意を!

  16. 究極の二量体合成を追い求めて~抗生物質BE-43472Bの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  2. 原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成
  3. 第2回慶應有機合成化学若手シンポジウム
  4. 二重芳香族性を示す化合物の合成に成功!
  5. ヘロナミドA Heronamide A
  6. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  7. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!

注目情報

最新記事

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

蛍光異方性 Fluorescence Anisotropy

蛍光異方性(fluorescence anisotropy)とは溶液中で回転する分子の回転速…

(–)-Spirochensilide Aの不斉全合成

(–)-Spirochensilide Aの初の不斉全合成が達成された。タングステンを用いたシクロプ…

第108回―「Nature Chemistryの編集長として」Stuart Cantrill博士

第108回の海外化学者インタビューは、スチュアート・カントリル博士です。Nature Chemist…

PAGE TOP