[スポンサーリンク]


Science

  1. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

    第197回のスポットライトリサーチは、東京大学工学系研究科(相田研究室)矢野慧一さんにお願いしました。相田研究室は、世界トップレベルの研究室で、超分子化学・材料化学を中心に多岐にわたる研究に取り組まれています。矢野さんは今年3月に博士課程を…

  2. 最小のシクロデキストリンを組み上げる!

    第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

  3. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

    第182回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院生命科学院 ソフト&ウェットマター研究室の博士…

  4. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

    Purdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

  5. 酵母菌に小さなソーラーパネル

    Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

  6. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

  7. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  8. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  9. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  10. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  11. マイクロプラスチックの諸問題

  12. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  13. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  14. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  15. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾

  16. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?

スポンサー

ピックアップ記事

  1. インドの化学ってどうよ
  2. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  3. フィル・バラン Phil S. Baran
  4. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  5. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  6. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑨:トラックボールの巻

注目情報

最新記事

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

PAGE TOP