[スポンサーリンク]


Science

  1. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習させ、不斉触媒反応における選択性予測を可能とするワークフローの確立に始めて成功した。また、これを用いて高不斉収率を示す触媒構造を予測することに…

  2. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容…

  3. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

    第197回のスポットライトリサーチは、東京大学工学系研究科(相田研究室)矢野慧一さんにお願いしました…

  4. 最小のシクロデキストリンを組み上げる!

    第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

  5. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

    第182回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院生命科学院 ソフト&ウェットマター研究室の博士…

  6. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

  7. 酵母菌に小さなソーラーパネル

  8. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

  9. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  10. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  11. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  12. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  13. マイクロプラスチックの諸問題

  14. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  15. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  16. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成のナビゲーター
  2. サクラの酵母で作った赤い日本酒を商品化に成功
  3. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation
  4. Cell Pressが化学のジャーナルを出版
  5. サリドマイド、がん治療薬に
  6. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほんとスタンド」 の巻
  7. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ

注目情報

最新記事

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

PAGE TOP