[スポンサーリンク]


Science

  1. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容は、大まかに言うとCRISPRとトランスポゾンを用いて、遺伝子を目的の位置に挿入できるという論文です。何がすごいのかというと、これまでのCR…

  2. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

    第197回のスポットライトリサーチは、東京大学工学系研究科(相田研究室)矢野慧一さんにお願いしました…

  3. 最小のシクロデキストリンを組み上げる!

    第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

  4. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

    第182回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院生命科学院 ソフト&ウェットマター研究室の博士…

  5. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

    Purdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

  6. 酵母菌に小さなソーラーパネル

  7. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

  8. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  9. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  10. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  11. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  12. マイクロプラスチックの諸問題

  13. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

  14. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

  15. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

  16. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ケミカル・アリに死刑判決
  2. 実験する時の服装(企業研究所)
  3. 卓上NMR
  4. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  5. 有機分子触媒ーChemical Times特集より
  6. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  7. エルマンイミン Ellman’s Imine

注目情報

最新記事

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

面接官の心に刺さる志望動機、刺さらない志望動機

先日、ある機器メーカーの企業の研究所長とお会いした際、最近の採用面接の状況について話をした。…

麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ

(さらに…)…

PAGE TOP