[スポンサーリンク]


Science

  1. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

    2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成し、体積あたりの表面積を妥協することなく高い比表面積 を実現しました。“Balancing Volumetric and Gravim…

  2. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

    畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

  3. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習さ…

  4. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容…

  5. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

    第197回のスポットライトリサーチは、東京大学工学系研究科(相田研究室)矢野慧一さんにお願いしました…

  6. 最小のシクロデキストリンを組み上げる!

  7. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

  8. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

  9. 酵母菌に小さなソーラーパネル

  10. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

  11. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  12. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  13. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  14. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  15. マイクロプラスチックの諸問題

  16. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授
  2. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道
  3. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  4. イオン液体ーChemical Times特集より
  5. サイエンスアゴラ2014総括
  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  7. ちょっとキレイにサンプル撮影

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

PAGE TOP