[スポンサーリンク]


Science

  1. 多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

    2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成し、体積あたりの表面積を妥協することなく高い比表面積 を実現しました。“Balancing Volumetric and Gravim…

  2. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

    畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

  3. 高選択的な不斉触媒系を機械学習で予測する

    2019年、イリノイ大学・Scott E. Denmarkらは、原料および触媒構造データを機械学習さ…

  4. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入

    先月、ScienceとNatureに、ほぼ同コンセプトの論文が別々のグループから発表されました。内容…

  5. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

    第197回のスポットライトリサーチは、東京大学工学系研究科(相田研究室)矢野慧一さんにお願いしました…

  6. 最小のシクロデキストリンを組み上げる!

  7. 「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

  8. 150度以上の高温で使える半導体プラスチック

  9. 酵母菌に小さなソーラーパネル

  10. つぶれにくく元にも戻せる多孔性結晶の開発

  11. 生体外の環境でタンパクを守るランダムポリマーの設計

  12. 細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

  13. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

  14. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  15. マイクロプラスチックの諸問題

  16. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ウランガラス
  2. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  3. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement
  4. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  5. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  6. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  7. 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

注目情報

最新記事

11年ぶり日本開催、国際化学五輪プレイベントを3月に

7月に日本で開催される国際化学オリンピックを盛り上げようと、プレイベント「化学との出会い 未来を拓(…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫: XP-PEN Deco01の巻

「実験大好き化学者も、デスクワークを快適化しようよ」な文具コーナーです。かなり久々の執筆で恐縮です。…

4つの異なる配位結合を持つ不斉金属原子でキラル錯体を組み上げる!!

第 296 回のスポットライトリサーチは、東京大学塩谷研究室で博士号を取得され、現在は京都大学寺西研…

ナタリー カロリーナ ロゼロ ナバロ Nataly Carolina Rosero-Navarro

Nataly Carolina Rosero-Navarro (コロンビア生まれ) は、日本在住の化…

【マイクロ波化学(株)ウェビナー】 #環境 #SDGs マイクロ波によるサステナブルなものづくり (プラ分解、フロー合成、フィルム、乾燥、焼成)

<内容>ご好評につき、先月と同じ内容のウェブセミナーを開催!事業・開発課題の一ソリュ…

PAGE TOP