[スポンサーリンク]

ケムステニュース

国際化学オリンピック開幕間近:今年は日本で開催!

 

全世界の高校生が競いあう知の祭典、国際化学オリンピックが今年も開催されます。

日本国内での開催は今年が初めてで、日本の化学界にとってまさに一大イベントです!


期間は7/19-28で、試験会場としては、早稲田大学理工学部、早稲田大学大隈講堂、東京大学駒場キャンパスが使用されます。

スケジュール(PDF)を眺めてみると、エクスカーションや交流イベントの時間がかなり豊富に取られているようです。メインの参加者は世界選抜とはいえ高校生ですから、これぐらいゆとりがある方が良いのでしょうね。

例によってというか、各種マスメディアの盛り上がりは乏しく悲しいばかり。
化学特化型メディアたるケムステは、日本選抜組の健闘を心から願っています!頑張ってください!

iChO2010_photo.jpg

日本選抜組(左から)浦谷浩輝さん、遠藤健一さん、片岡憲吾さん、斉藤颯さん(写真引用:47news)

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 昭和電工、青色LEDに参入
  2. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授
  3. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  4. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  5. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  6. ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に
  7. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  8. CAS番号の登録が1億個突破!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する
  2. 天野 浩 Hiroshi Amano
  3. フロインターベルク・シェーンベルク チオフェノール合成 Freunderberg-Schonberg Thiophenol Synthesis
  4. ChemDrawの使い方【作図編①:反応スキーム】
  5. スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製
  6. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  7. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  8. 砂糖水からモルヒネ?
  9. ブレイズ反応 Blaise Reaction
  10. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP