[スポンサーリンク]


Science

  1. sp2-カルボカチオンを用いた炭化水素アリール化

    ルイス構造からフロンティア軌道が見える頃、ブルースは加速していく (さらに…)…

  2. メチレン炭素での触媒的不斉C(sp3)-H活性化反応

     不活性メチレンC(sp3)-H結合を位置選択的に活性化し、炭素-炭素結合を高収率・高エナンチオ選択…

  3. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾

    タイトルで完全にネタバレですが、少し前にScience誌にラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾…

  4. 有機無機ハイブリッドペロブスカイトはなぜ優れているのか?

    第63回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学の宮田潔志さん(日本学術振興会海外特別研究員)にお…

  5. Micro Flow Reactorで瞬間的変換を達成する

    Tshozoです。前回、フロー合成の入門的側面を紹介したわけですが、その先端事例として、京都…

  6. リンと窒素だけから成る芳香環

  7. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

  8. 生化学実験:プラスチック器具のコンタミにご用心

  9. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成

  10. GFPをも取り込む配位高分子

  11. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④(解答編)

  12. 【追悼企画】生命現象の鍵を追い求めてー坂神洋次教授

  13. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~

  14. どろどろ血液でもへっちゃら

  15. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成

  16. 高分子を”見る” その1

スポンサー

ピックアップ記事

  1. A-Phosパラジウム錯体
  2. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  3. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  4. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~
  5. ベティ反応 Betti Reaction
  6. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  7. チアミン (thiamin)

注目情報

最新記事

第120回―「医薬につながる複雑な天然物を全合成する」Richmond Sarpong教授

第120回の海外化学者インタビューは、リッチモンド・サーポン教授です。カリフォルニア大学バークレー校…

DNAナノ構造体が誘起・制御する液-液相分離

第274回のスポットライトリサーチは、佐藤佑介 博士にお願いしました。液-液相分離は近年の一…

常圧核還元(水添)触媒 Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)

一般的な特長Rh-Pt/(DMPSi-Al2O3)は、優れた活性を示す水素還元(水添)触媒です。…

世界最高の耐久性を示すプロパン脱水素触媒

第273回のスポットライトリサーチは、北海道大学触媒科学研究所・中谷勇希さんにお願いしました。…

第119回―「腸内細菌叢の研究と化学プロテオミクス」Aaron Wright博士

第119回の海外化学者インタビューは、アーロン・ライト博士です。パシフィック・ノースウエスト国立研究…

PAGE TOP