化学者のつぶやき講演・人

  1. 超若手科学者の発表会、サイエンス・インカレの優秀者インタビュー

    大学生・高専生による自主研究の祭典、サイエンス・インカレの研究発表会に参加しました。発表会の様子と化学分野で審査員ポスター賞を受賞した藤田 祐輝さんへのインタビューをお伝えします。 (さらに…)…

  2. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

    皆様あけましておめでとうございます。今年も化学三昧のケムステで皆様に話題を提供していきたいと思います…

  3. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??

    いよいよノーベル賞のシーズンがやって参りました!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時4…

  4. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

    ドイツの保養地リンダウで毎年開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel L…

  5. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん

    研究者以外のケミストリー(もしくはサイエンス)に関わるお仕事を積極的に紹介・応援…

  6. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!

  7. スタチンのふるさとを訪ねて

  8. サイエンスアゴラ2015総括

  9. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ

  10. 中国へ講演旅行へいってきました①

  11. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました

  12. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  13. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん

  14. 【追悼企画】不斉酸化反応のフロンティアー香月 勗

  15. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!

  16. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

スポンサー

注目情報

ピックアップ記事

  1. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  2. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  3. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  4. 有名研究者の論文であったとしても
  5. ダキン・ウェスト反応 Dakin-West Reaction
  6. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  7. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

PAGE TOP