化学者のつぶやき講演・人

  1. 2017年始めに100年前を振り返ってみた

    皆様あけましておめでとうございます。今年も化学三昧のケムステで皆様に話題を提供していきたいと思います。昨年より忙しさにかまけて記事をなかなかお届けできずにおりますが、ご支援のほどよろしくお願いいたします。さて、今年2017年は化学の…

  2. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??

    いよいよノーベル賞のシーズンがやって参りました!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時4…

  3. ノーベル賞化学者と語り合おう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」募集開始

    ドイツの保養地リンダウで毎年開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Lindau Nobel L…

  4. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん

    研究者以外のケミストリー(もしくはサイエンス)に関わるお仕事を積極的に紹介・応援…

  5. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!

    今年もこの時期がやってきました、Reaxys PhD Prizeの発表です。有機化学・無機錯体分野の…

  6. スタチンのふるさとを訪ねて

  7. サイエンスアゴラ2015総括

  8. 【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞ー医薬品につながる天然物化学研究へ

  9. 中国へ講演旅行へいってきました①

  10. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました

  11. 100年前のノーベル化学賞ーリヒャルト・ヴィルシュテッター

  12. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん

  13. 【追悼企画】不斉酸化反応のフロンティアー香月 勗

  14. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!

  15. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる

  16. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barbas教授

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  2. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  3. 論文をグレードアップさせるーMayer Scientific Editing
  4. 有機溶媒吸収し数百倍に 新素材のゲル、九大が開発
  5. 薄層クロマトグラフィ / thin-layer chromatography (TLC)
  6. 触媒のチカラで不可能を可能に?二連続不斉四級炭素構築法の開発
  7. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction

注目情報

最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

PAGE TOP