[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

池田 菊苗 Kikunae Ikeda

[スポンサーリンク]

 

池田菊苗 (いけだ きくなえ、1864年10月6日-1936年5月3日)は、日本の化学者である。帝国大学理科大学(現在の東京大学) 教授(写真:Chem. Asian. J.)。

経歴

1889 東京帝国大学理科大学化学科 卒業 (櫻井錠二 教授)
1891-1896 東京高等師範学校 教授
1896 東京帝国大学 助教授
1899-1901 ドイツ留学 (F. W. Ostwald教授)
1901 東京帝国大学理科大学 教授
1902 理学博士
1913 日本化学会 会長
1923 東京帝国大学 退職
1925-31 ドイツ ライプチヒにて研究を行う
1931 品川に戻り、研究を継続

1936年5月3日 没。

 

受賞歴

 

研究概要

うま味成分・グルタミン酸の発見

1907年に昆布の出汁からグルタミン酸ナトリウムを単離。アリストテレスの時代から知られる4つの味(甘味、酸味、苦味、塩味)とは違う味覚成分であることを突き止め、これを「うま味」と名付けた。今日では”umami”は世界に通じる単語となっている。のちにこの旨味成分は大量生産により商業化され、それによりできた会社が現在の味の素株式会社である。

Kikunae_Ikeda_2.gifほか、日本国内への物理化学の導入に大きく貢献した。

 

コメント&その他

1. ドイツ留学後にロンドンに一時滞在し、夏目漱石と同じ下宿に暮らす。この出会いは彼の文学論に大きな影響を与えた。
2. 池田が単離した”具留多味酸”の資料は日本化学会によって、歴史的に重要な化学遺産に指定されている。
3. うま味の発見は、日本の十大発明の一つとされている。

 

名言集

 

関連動画

 

関連文献

[1] Nakamura, E. Chem. Asian. J. 2011, DOI: 10.1002/asia.201000899

 

関連書籍

外部リンク

 

Green

Green

投稿者の記事一覧

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 【第14回Vシンポ特別企画】講師紹介:酒田 陽子 先生
  2. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  3. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  4. クレイグ・ヴェンター J. Craig Venter
  5. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  6. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytz…
  8. デイヴィット・ベイカー David Baker

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  2. AIが作った香水、ブラジルで発売
  3. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  4. 薄くて巻ける有機ELディスプレー・京大など開発
  5. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  6. ベン・シェンBen Shen
  7. アラン・マクダイアミッド氏死去
  8. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  9. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation
  10. 第44回―「N-ヘテロ環状カルベン錯体を用いる均一系触媒開発」Steve Nolan教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・遠隔不斉誘導反応・還元的化学変換・海洋シアノバクテリア・光学活性キニーネ

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年2月号がオンライン公開されました。大…

軽くて強いだけじゃないナノマテリアル —セルロースナノファイバーの真価

詳細・お申し込みはこちら開講期間2021年3月17日(水)10:30~15:50 <1日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP