世界の化学者データベース有機合成

  1. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

    岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教授。(写真:Tokyo Tech News)経歴1984 東京大学 博士号取得(向山光昭 教授)1984-1991 東京大学 助…

  2. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König

    ブルクハルト・ケーニッヒ (Burkhard König、1963年x月x日(Wiesbaden生)…

  3. マット・シグマン Matthew S. Sigman

    マシュー・S・シグマン(Matthew S. Sigman、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  4. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

    エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

  5. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

    アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

  6. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio

  7. ザック・ボール Zachary T. Ball

  8. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

  9. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

  10. フランク・グローリアス Frank Glorius

  11. グァンビン・ドン Guangbin Dong

  12. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

  13. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  14. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

  15. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  16. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 化学物質でiPS細胞を作る
  2. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  3. ブラックマネーに御用心
  4. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  5. アルキンから環状ポリマーをつくる
  6. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  7. サンギ、バイオマス由来のエタノールを原料にガソリン代替燃料

注目情報

最新記事

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

PAGE TOP