世界の化学者データベース有機合成

  1. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

    アンドレアス・ファルツ(Andreas Pfaltz、1948年5月10日-、スイス/バーゼル生)は、スイスの有機化学者である。Ir-PHOX系触媒によるアルキル置換オレフィン類の高エナンチオ選択的水素添加反応の開発で有名。バーゼル大学化学…

  2. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

    林雄二郎(はやし ゆうじろう、1962年2月1日(群馬生まれ)-)は日本の有機化学者である。東北大学…

  3. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

    ヘルベルト・ワルトマン (Herbert Waldmann, 1957年6月11日-)は、ドイツの化…

  4. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus

    ヴィクター・アルギルダス・スニーカス (Victor Algirdas Snieckus、1937年…

  5. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

    カール−ヘインツ・アルトマン(Karl Heinz Altmann、1957年6月20日-、ドイツ生…

  6. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

  7. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  8. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  9. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  10. マーティン・バーク Martin D. Burke

  11. 香月 勗 Tsutomu Katsuki

  12. デヴィッド・ミルステイン David Milstein

  13. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin

  14. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt

  15. 竜田 邦明 Kuniaki Tatsuta

  16. 鈴木 啓介 Keisuke Suzuki

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑥:実験室でも長持ち「ステンレス定規」の巻
  2. キレーション療法ってなに?
  3. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  4. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  5. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  6. マイクロ波とイオン性液体で単層グラフェン大量迅速合成
  7. REACH規則の最新動向と対応方法【終了】

注目情報

最新記事

材料適合性 Material compatibility

材料適合性(Material compatibility)とは、取り扱う素材に対して温度や取り扱う液…

アルゼンチン キプロス

化学地球儀としてはかなり大雑把なくくりでのご紹介となっていますが、この二国の共通項が直ぐお分りになり…

高選択的なアルカンC–H酸化触媒の開発

第83回目のスポットライトリサーチは、小寺政人先生と人見 譲先生が主宰する同志社大学分子生命化学研究…

有名研究者の論文であったとしても

今回取り上げる論文は、以前ケムステで紹介した研究「なんと!アルカリ金属触媒で進む直接シリル化反応」の…

有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応

今回は、アルドール反応を起点としてかなり広範囲に反応を俯瞰します。具体的には、アルドール反応から、ベ…

PAGE TOP