世界の化学者データベース有機合成

  1. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

    ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学 助教授。(写真:Princeton Unversity) (さらに…)…

  2. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen

    エリック・J・ソレンセン(Eric J. Sorensen, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-…

  3. フランク・グローリアス Frank Glorius

    フランク・グローリアス(Frank Glorius, 1972年x月x日-)は、ドイツの化学者である…

  4. グァンビン・ドン Guangbin Dong

    グァンビン・ドン (Guangbin Dong、1981年4月15日-)は中国出身の有機化学者である…

  5. マイケル・クリシェー Michael J. Krische

    マイケル・クリシェー (Michael J. Krische、1966年9月16日-)は米国の有機化…

  6. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo

  7. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz

  8. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi

  9. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann

  10. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus

  11. カール−ヘインツ・アルトマン Karl Heinz Altmann

  12. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

  13. 秋山隆彦 Takahiko Akiyama

  14. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso

  15. スティーブ・ケント Stephen B. H. Kent

  16. マーティン・バーク Martin D. Burke

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Chemical Science誌 創刊!
  2. ヨン・ピエール Jorn Piel
  3. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  4. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  5. 塩野義 抗インフルエンザ薬製造・販売の承認を取得
  6. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  7. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement

注目情報

最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

PAGE TOP