[スポンサーリンク]


2007年 9月

  1. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber

    スチュアート・L・シュライバー (Stuart L. Schreiber, 1956年2月6日-)は、アメリカの有機化学者である。ハーバード大学教授(写真:HHMI)。「ケミカルバイオロジー」 という一大分野を築きあげた功績によってノー…

  2. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(1)

    トムソンISIにて2007年度のノーベル化学賞が予想されており、ケムステニュースの方にもその結果を記…

  3. 中村 修二 Shuji Nakamura

     中村修二(なかむら しゅうじ、1954年5月22日-)は米国籍を持つ電子工学者・化学者である(写真…

  4. 飯島澄男 Sumio Iijima

    飯島澄男(いいじま すみお、1939年5月2日-)は日本の物理学者・化学者。 名城大学大学院理工学研…

  5. ディーター・ゼーバッハ Dieter Seebach

    ディーター・ゼーバッハ(Dieter Seebach, 1937年8月31日-)はスイスの有機化学者…

  6. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表

  7. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward

  8. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky

  9. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg

  10. バリー・トロスト Barry M. Trost

  11. 鈴木 章 Akira Suzuki

  12. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る

  13. スピノシン spinosyn

  14. 水が促進するエポキシド開環カスケード

スポンサー

ピックアップ記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤
  2. 吉田潤一 Jun-ichi Yoshida
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑧:ネオジム磁石の巻
  4. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  5. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  6. 性フェロモン感じる遺伝子、ガで初発見…京大グループ
  7. アスピリン あすぴりん aspirin 

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

PAGE TOP