[スポンサーリンク]


2008年 3月 02日

  1. これならわかるNMR/二次元NMR

    内容核磁気共鳴現象が見いだされてから50年、いまではこのNMRという手法ぬきの有機化学の研究など、想像することすらまったく不可能である。最近では核酸や酵素のような大きな生体高分子の立体構造を定めたり、M…

  2. これならわかる マススペクトロメトリー

    内容質量分析(マススペクトロメトリー)の入門書。 (さらに…)…

  3. 液クロ虎の巻シリーズ

    内容液体クロマトグラフィーの現場で日々発生する素朴な疑問の数々。想定され…

  4. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (第7版)

    内容質量、赤外、核磁気共鳴及び紫外スペクトルの組合わせ…

  5. 創薬化学―有機合成からのアプローチ

    内容本書では、薬の効き方を学び、薬をつくるという創薬化学において、有機…

  6. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

  7. 医薬品のプロセス化学

  8. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

  9. 研究者/研究力

  10. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集

  11. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド

  12. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記

  13. 生涯最高の失敗

  14. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士

  15. 化学に魅せられて

  16. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語

スポンサー

ピックアップ記事

  1. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroanisole)
  2. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  3. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  4. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  5. アルキンから環状ポリマーをつくる
  6. マット・フランシス Matthew B. Francis
  7. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB

注目情報

最新記事

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

電解液中のイオンが電気化学反応の選択性を決定する

第595回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 若手国際研究センター(ICYS…

第10回 野依フォーラム若手育成塾

野依フォーラム若手育成塾について野依フォーラム若手育成塾では、国際企業に通用するリーダー…

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

PAGE TOP