[スポンサーリンク]

化学一般

化学に魅せられて

[スポンサーリンク]

 

内容

白川博士の発言は,科学者としての枠をこえた魅力と希望を私たちに与えてくれる.ストックホルムでのノーベル化学賞受賞記念講演と,既発表の文章をまとめて1冊として刊行.彼の発見した導電性ポリマーとは何か,その発見にいたる経緯はもちろん,学問や自然への姿勢,研究体制のありかたなどが縦横に語られる.

対象

すべての人

 

評価・解説

ノーベル化学賞受賞者、白川英樹博士の自伝です。

セレンディピティという単語が一般に広まるきっかけともなった彼の受賞・大発見は、いかにして生まれたのか? 実際の学術的内容に触れつつも、一般人にもわかりやすい平易な文章で書かれているため、読みやすいです。控えめながらも芯のある研究哲学が記された本書からは、科学者の枠を超えた氏の人間的魅力があふれています。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Hazardous Laboratory Chemicals D…
  2. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  3. 有機化学命名法
  4. Cleavage of Carbon-Carbon Single…
  5. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法…
  6. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー
  7. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  8. できる研究者の論文作成メソッド 書き上げるための実践ポイント

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  2. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  3. DNAを人工的につくる-生体内での転写・翻訳に成功!
  4. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  5. エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について
  6. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  7. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  8. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  9. 米デュポンの第2四半期は減益、市場予想を下回る
  10. 電気化学と金属触媒をあわせ用いてアルケンのジアジド化を制す

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP