[スポンサーリンク]

化学一般

化学に魅せられて

 

内容

白川博士の発言は,科学者としての枠をこえた魅力と希望を私たちに与えてくれる.ストックホルムでのノーベル化学賞受賞記念講演と,既発表の文章をまとめて1冊として刊行.彼の発見した導電性ポリマーとは何か,その発見にいたる経緯はもちろん,学問や自然への姿勢,研究体制のありかたなどが縦横に語られる.

対象

すべての人

 

評価・解説

ノーベル化学賞受賞者、白川英樹博士の自伝です。

セレンディピティという単語が一般に広まるきっかけともなった彼の受賞・大発見は、いかにして生まれたのか? 実際の学術的内容に触れつつも、一般人にもわかりやすい平易な文章で書かれているため、読みやすいです。控えめながらも芯のある研究哲学が記された本書からは、科学者の枠を超えた氏の人間的魅力があふれています。

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Molecules That Changed the World…
  2. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  3. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  4. 構造生物学
  5. できる研究者の論文生産術―どうすれば『たくさん』書けるのか
  6. 日本にノーベル賞が来る理由
  7. 化学オリンピック完全ガイド
  8. 分子光化学の原理

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ドーパミンで音楽にシビれる
  2. オープンアクセス論文が半数突破か
  3. 向山酸化剤
  4. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  5. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  6. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒
  7. Reaxys体験レポート:ログイン~物質検索編
  8. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  9. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  10. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第189回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

チオカルバマート型硫化水素ドナー分子を用いた硫化カルボニル(COS)の生理学的機能の研究が行われた。…

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

第188回目のスポットライトリサーチは、竹田 光孝(たけだ みつたか)さんにお願いしました。…

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

Naphtです。研究者のためのCG作成術①、②、③に続き、研究者向けのCGの作り方について紹介しよう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP