[スポンサーリンク]

化学一般

化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語

 

内容

世界に誇る日本の有機反応開拓や天然物合成にはどんな発見秘話が隠されているのだろうか? 日本を代表する51人の有機化学者たちがこれまで経験してきた研究開始の発想や苦労、失敗の教訓、日頃の思いなどを語る。

対象

有機化学に興味のあるすべての人

評価・解説

有機合成化学は、日本が世界トップレベルに位置する学問分野の一つです。それらを発展させ、また開拓してきた日本を代表する有機化学者51人が、その努力物語・発見秘話・成功のカギなどを自伝風に述べています。世界レベルの有機化学者がつづる悲喜こもごもの人間臭いエピソードが満載の本書の内容は、日々の研究に苦労する院生たちにとって励みとなることは勿論、十人十色の研究哲学が学べる刺激的な読み物でもあります。

 

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  2. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  3. 大学院講義 有機化学
  4. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界
  5. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  6. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  7. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  8. なぜあなたは論文が書けないのか

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  2. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  3. スワーン酸化 Swern Oxidation
  4. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  5. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  6. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  7. 化学研究特化型アプリまとめ
  8. 計算化学:汎関数って何?
  9. 表裏二面性をもつ「ヤヌス型分子」の合成
  10. 山元公寿 Kimihisa Yamamoto

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました

既にTwitter・Facebookでは速報させていただきましたたが、このたびケムステが文部科学大臣…

速報・常温常圧反応によるアンモニア合成の実現について

Tshozoです。先日発表になりましたタイトルの件、今まで本ケムステで書かれてきた記事(こちら・こち…

室温で緑色発光するp型/n型新半導体を独自の化学設計指針をもとにペロブスカイト型硫化物で実現

第195回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 科学技術創成研究院(平松研究室) 半沢幸太さんに…

化合物の秤量

数mgを量り取るといったことは多くの化学系の研究者の皆様が日常的にされていることかと思います。しかし…

小スケールの反応で気をつけるべきこと

前回はスケールアップについて書いたので、今回は小スケールの反応での注意すべきことについてつらつらと書…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その1

Tshozoです。今まで尿に焦点をあてた記事を数回書いてきたのですが、それを調べるうちに「1…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP