[スポンサーリンク]

化学一般

研究者/研究力

[スポンサーリンク]

内容

科学の第一線で活躍する研究者はどのようにして研究者になったのか。理工系大学生・院生等を対象に、研究者が自らの言葉で、独創性を出す方法など具体的な助言を贈る。 青色発光ダイオードを開発した中村修二、ナノ・エレクトロニクスという新分野を開拓した榊裕之らが登場。

 

対象

研究者を目指すすべての人

 

評価・解説

日本でも指折りの研究者であるインタビュアーらが、研究者として若いころ何をしてきたか、何をやったらいいのか、何をしてはならないのかを語っている。

2001年度ノーベル化学賞・野依先生のお話もある。研究者を目指す方なら必読の書。

 

関連書籍

 

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Nanomaterials: An Introduction t…
  2. 大村 智 Satoshi Omura
  3. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  4. 生涯最高の失敗
  5. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  6. 有機合成の落とし穴
  7. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール
  8. 立体電子効果―三次元の有機電子論

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボリレン
  2. 「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より
  3. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン DPBQ
  4. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  5. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大
  6. 芳香環メタ位を触媒のチカラで狙い撃ち
  7. 赤﨑 勇 Isamu Akasaki
  8. (+)-フロンドシンBの超短工程合成
  9. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  10. 書物から学ぶ有機化学4

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP