[スポンサーリンク]

化学一般

研究者/研究力

内容

科学の第一線で活躍する研究者はどのようにして研究者になったのか。理工系大学生・院生等を対象に、研究者が自らの言葉で、独創性を出す方法など具体的な助言を贈る。 青色発光ダイオードを開発した中村修二、ナノ・エレクトロニクスという新分野を開拓した榊裕之らが登場。

 

対象

研究者を目指すすべての人

 

評価・解説

日本でも指折りの研究者であるインタビュアーらが、研究者として若いころ何をしてきたか、何をやったらいいのか、何をしてはならないのかを語っている。

2001年度ノーベル化学賞・野依先生のお話もある。研究者を目指す方なら必読の書。

 

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学に魅せられて
  2. Semiconductor Photocatalysis: Pr…
  3. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  4. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  5. Reaction and Synthesis: In the O…
  6. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際ま…
  7. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  8. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  4. 研究室クラウド設立のススメ(導入編)
  5. Al=Al二重結合化合物
  6. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  7. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  8. レドックスフロー電池 Redox-Flow Battery, RFB
  9. グリコシル化反応を楽にする1位選択的”保護”反応
  10. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

最小のシクロデキストリンを組み上げる!

第196回目のスポットライトリサーチは、関西学院大学理工学部化学科(山田研究室)・若森晋之介 助教に…

周期表の形はこれでいいのか? –上下逆転した周期表が提案される–

重い元素を上に置き、軽い元素を下に置く周期表が提案されました。この記事では、その上下逆転周期表の利点…

有機合成化学協会誌2019年5月号:特集号 ラジカル種の利用最前線

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年5月号がオンライン公開されました。令…

尿から薬?! ~意外な由来の医薬品~ その2

Tshozoです。前回の続き、さっそく。【ミリモスチム ~ニッチな需要はあるものの~】ウロキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP