[スポンサーリンク]

化学一般

研究者/研究力

内容

科学の第一線で活躍する研究者はどのようにして研究者になったのか。理工系大学生・院生等を対象に、研究者が自らの言葉で、独創性を出す方法など具体的な助言を贈る。 青色発光ダイオードを開発した中村修二、ナノ・エレクトロニクスという新分野を開拓した榊裕之らが登場。

 

対象

研究者を目指すすべての人

 

評価・解説

日本でも指折りの研究者であるインタビュアーらが、研究者として若いころ何をしてきたか、何をやったらいいのか、何をしてはならないのかを語っている。

2001年度ノーベル化学賞・野依先生のお話もある。研究者を目指す方なら必読の書。

 

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機スペクトル解析ワークブック
  2. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  3. 化学オリンピック完全ガイド
  4. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  5. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  6. 植物たちの静かな戦い
  7. Purification of Laboratory Chemi…
  8. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 死刑囚によるVXガスに関する論文が掲載される
  2. ペンタレネン Pentalenene
  3. HTML vs PDF ~化学者と電子書籍(ジャーナル)
  4. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  5. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を取得
  6. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  7. シグマ アルドリッチ構造式カタログの機能がアップグレードしたらしい
  8. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  9. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  10. 尿はハチ刺されに効くか 学研シリーズの回顧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵母菌に小さなソーラーパネル

Harvard大学のNeel S. Joshi教授らは、光合成を行わない微生物に光増感剤を担持するこ…

有機合成反応で乳がん手術を改革

理化学研究所(理研)、大阪大学、カザン大学の国際共同研究グループは、乳がんの手術中に摘出した組織で有…

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

PAGE TOP