[スポンサーリンク]

化学一般

研究者/研究力

[スポンサーリンク]

内容

科学の第一線で活躍する研究者はどのようにして研究者になったのか。理工系大学生・院生等を対象に、研究者が自らの言葉で、独創性を出す方法など具体的な助言を贈る。 青色発光ダイオードを開発した中村修二、ナノ・エレクトロニクスという新分野を開拓した榊裕之らが登場。

 

対象

研究者を目指すすべての人

 

評価・解説

日本でも指折りの研究者であるインタビュアーらが、研究者として若いころ何をしてきたか、何をやったらいいのか、何をしてはならないのかを語っている。

2001年度ノーベル化学賞・野依先生のお話もある。研究者を目指す方なら必読の書。

 

関連書籍

 

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. なぜあなたは論文が書けないのか
  2. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  3. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Prod…
  4. 日本にノーベル賞が来る理由
  5. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  6. 【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論
  7. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明
  8. 有機・無機材料の相転移ダイナミクス:数理から未来のマテリアル開発…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 印象に残った天然物合成 2
  2. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  3. 化学企業のグローバル・トップ50
  4. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑤:ショットノートの巻
  5. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  6. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  7. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  8. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  9. 二酸化炭素をはきだして♪
  10. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

新車の香りは「発がん性物質」の香り、1日20分嗅ぐだけで発がんリスクが高まる可能性

「新車の香り」には、がんや生殖障害、子どもの先天性欠損症などを引き起こす可能性があるベンゼンやホルム…

溶液を流すだけで誰でも簡単に高分子を合成できるリサイクル可能な不均一系ラジカル発生剤の開発

第 295 回のスポットライトリサーチは東京大学豊田研究室の博士課程 1 年 岡美奈実さんと修士課程…

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP