[スポンサーリンク]

化学一般

化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

 

対象

化学を学んでいる高校生・大学生以上

 

評価・解説

有機化合物には奇妙で面白い名前がついているものが少なくありません。本書では、そのような化合物の名前にまつわるエピソードを、時には名付け親に直接連絡をとって探っています。ユーモアあふれるこなれたテンポのよい文体でつづられる本書は、化学的にかなり高度な内容もさらりと述べてしまいます。きっちり理解するには、ある程度の有機化学的素養が要りますが、肩肘張る必要無く読める楽しい読み物でもあります。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学オリンピック完全ガイド
  2. Medical Gases: Production, Appli…
  3. 創薬化学―有機合成からのアプローチ
  4. The Merck Index: An Encyclopedia…
  5. なぜあなたの研究は進まないのか?
  6. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  7. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  8. 新しい量子化学 電子構造の理論入門

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  2. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-
  3. 小説『ラブ・ケミストリー』聖地巡礼してきた
  4. 資生堂:育毛成分アデノシン配合の発毛促進剤
  5. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  6. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  7. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  8. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  9. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  10. アルコール依存症患者の救世主現る?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP