[スポンサーリンク]

化学一般

化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

[スポンサーリンク]

 

対象

化学を学んでいる高校生・大学生以上

 

評価・解説

有機化合物には奇妙で面白い名前がついているものが少なくありません。本書では、そのような化合物の名前にまつわるエピソードを、時には名付け親に直接連絡をとって探っています。ユーモアあふれるこなれたテンポのよい文体でつづられる本書は、化学的にかなり高度な内容もさらりと述べてしまいます。きっちり理解するには、ある程度の有機化学的素養が要りますが、肩肘張る必要無く読める楽しい読み物でもあります。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  2. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  3. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  4. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  5. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  6. ノンコーディングRNA 〜 RNA分子の全体像を俯瞰する〜
  7. 有機化合物のスペクトルによる同定法―MS,IR,NMRの併用 (…
  8. 2016年2月の注目化学書籍

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素のふしぎ展に行ってきました
  2. 城戸 淳二 Junji Kido
  3. 【速報】Mac OS X Lionにアップグレードしてみた
  4. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  5. 大久野島毒ガス資料館
  6. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン
  7. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  8. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  9. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  10. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP