[スポンサーリンク]

化学一般

化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

 

対象

化学を学んでいる高校生・大学生以上

 

評価・解説

有機化合物には奇妙で面白い名前がついているものが少なくありません。本書では、そのような化合物の名前にまつわるエピソードを、時には名付け親に直接連絡をとって探っています。ユーモアあふれるこなれたテンポのよい文体でつづられる本書は、化学的にかなり高度な内容もさらりと述べてしまいます。きっちり理解するには、ある程度の有機化学的素養が要りますが、肩肘張る必要無く読める楽しい読み物でもあります。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. フィンランド理科教科書 化学編
  2. Greene’s Protective Groups…
  3. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際ま…
  4. クロスカップリング反応関連書籍
  5. 化学オリンピック完全ガイド
  6. 2016年9月の注目化学書籍
  7. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  8. Side Reactions in Organic Synthe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メリークリスマス☆
  2. 武田 新規ARB薬「アジルバR錠」発売
  3. トルキセン : Truxene
  4. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  5. ジョージ・チャーチ George M. Church
  6. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  7. バトラコトキシン (batrachotoxin)
  8. 不活性アルケンの分子間[2+2]環化付加反応
  9. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter Olefin Synthesis
  10. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP