[スポンサーリンク]

化学一般

研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド

内容

コネなしで留学先を探すにはどうしたらいいの?J‐1ビザの更新は?留学中に必要な保険は?渡米直後の生活のセットアップは?・・・アメリカへの研究留学を考えているあなたのすべての疑問に答える。

対象

研究留学を現実のものとして考えるすべての人。

 

評価・解説

一般で言われる留学というのは、海外の大学に入学して一から教育を受ける、もしくは語学を学ぶための短期留学というのがイメージでしょうか。

しかし理系の専門技術を磨くべく大学院生~博士研究員として海外留学を行う研究留学という道もあります。

本書は研究留学を考えている方にとって役立つ情報満載の実用書です。端的には研究留学ネットを書籍化したものです。

特に日本とアメリカにおける、各種システムの違いに詳細な記述があります。バイオロジーをバックグラウンドとする研究者向け、またアメリカ留学を対象として主に書かれているが、化学専門、欧州留学を考える方々にも十分参考になる情報ばかりである。留学を考える人は是非一読を!

 

関連書籍

 

関連リンク

研究留学ネット 研究留学に関するポータルサイト。充実したコンテンツ。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ハートウィグ有機遷移金属化学
  2. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  3. 2009年5月人気化学書籍ランキング
  4. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  5. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  6. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  7. 有機スペクトル解析ワークブック
  8. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  2. ディスコデルモライド /Discodermolide
  3. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  4. 天然の保護基!
  5. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  6. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動
  7. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW
  8. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  9. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」
  10. ヘル・フォルハルト・ゼリンスキー反応 Hell-Volhard-Zelinsky Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP