[スポンサーリンク]

化学一般

研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド

内容

コネなしで留学先を探すにはどうしたらいいの?J‐1ビザの更新は?留学中に必要な保険は?渡米直後の生活のセットアップは?・・・アメリカへの研究留学を考えているあなたのすべての疑問に答える。

対象

研究留学を現実のものとして考えるすべての人。

 

評価・解説

一般で言われる留学というのは、海外の大学に入学して一から教育を受ける、もしくは語学を学ぶための短期留学というのがイメージでしょうか。

しかし理系の専門技術を磨くべく大学院生~博士研究員として海外留学を行う研究留学という道もあります。

本書は研究留学を考えている方にとって役立つ情報満載の実用書です。端的には研究留学ネットを書籍化したものです。

特に日本とアメリカにおける、各種システムの違いに詳細な記述があります。バイオロジーをバックグラウンドとする研究者向け、またアメリカ留学を対象として主に書かれているが、化学専門、欧州留学を考える方々にも十分参考になる情報ばかりである。留学を考える人は是非一読を!

 

関連書籍

 

関連リンク

研究留学ネット 研究留学に関するポータルサイト。充実したコンテンツ。

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. The Sol-Gel Handbook: Synthesis,…
  2. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  3. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  4. 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト
  5. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  6. 大村 智 Satoshi Omura
  7. まんがサイエンス
  8. 有機反応機構の書き方

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  2. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章
  3. ブレビコミン /Brevicomin
  4. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi
  5. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する
  6. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  7. むずかしいことば?
  8. BASF、新規のキラル中間体生産プロセスを開発!
  9. オーラノフィン (auranofin)
  10. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP