[スポンサーリンク]


2009年 2月 02日

  1. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger

    ピーター・H・ジーバーガー(Peter H. Seeberger、19xx年xx月xx日-)は、スイスの有機化学者である(写真:rsc.org)。マックスプランク研究所教授。 (さらに…)…

  2. 八島栄次 Eiji Yashima

     八島栄次 (やしま えいじ、1958年12月25日-)は、日本の超分子化学者である。名古屋大学大学…

  3. スコット・デンマーク Scott E. Denmark

    スコット・エリック・デンマーク (Scott Eric Denmark、1953年6月17日-)は、…

  4. ジャスティン・デュボア Justin du Bois

    ジャスティン・デュボア(Justin du Bois、1969年8月23日-)は、アメリカの有機化学…

  5. 平田 義正 Yoshimasa Hirata

    平田 義正 (ひらた よしまさ、1915年5月30日-2000年3月5日)は、日本の有機化学者、天然…

  6. 上村 大輔 Daisuke Uemura

  7. チエナマイシン /thienamycin

  8. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応
  2. ベンジジン転位 Benzidine Rearrangement
  3. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent Table Widget」
  4. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  5. DNAに人工塩基対を組み入れる
  6. 1回の実験で高活性な金属ナノ粒子触媒
  7. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1

注目情報

最新記事

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)

開催日2024年2月28日:申込みはこちら■Background of this seminar…

PAGE TOP