[スポンサーリンク]


2009年 2月 02日

  1. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger

    ピーター・H・ジーバーガー(Peter H. Seeberger、19xx年xx月xx日-)は、スイスの有機化学者である(写真:rsc.org)。マックスプランク研究所教授。 (さらに…)…

  2. 八島栄次 Eiji Yashima

     八島栄次 (やしま えいじ、1958年12月25日-)は、日本の超分子化学者である。名古屋大学大学…

  3. スコット・デンマーク Scott E. Denmark

    スコット・エリック・デンマーク (Scott Eric Denmark、1953年6月17日-)は、…

  4. ジャスティン・デュボア Justin du Bois

    ジャスティン・デュボア(Justin du Bois、1969年8月23日-)は、アメリカの有機化学…

  5. 平田 義正 Yoshimasa Hirata

    平田 義正 (ひらた よしまさ、1915年5月30日-2000年3月5日)は、日本の有機化学者、天然…

  6. 上村 大輔 Daisuke Uemura

  7. チエナマイシン /thienamycin

  8. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中克典 准主任研究員
  2. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation
  3. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  4. パーキン反応 Perkin Reaction
  5. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  6. 第41回―「クロム錯体のユニークな触媒活性と反応性を解明する」Klaus Theopold教授
  7. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reaction

注目情報

最新記事

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

PAGE TOP