[スポンサーリンク]

chemglossary

金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

[スポンサーリンク]

金属-有機構造体 (metal-organic framework: MOF) は、金属と有機配位子からなる結晶性の多孔質材料です。用いる金属や配位子の種類により、孔径や表面の性質を分子レベルで設計できるため、目的の応用に応じて自在に機能を調整できます。具体的には、ガス貯蔵材料、不均一触媒、導電性材料、あるいは磁性材料への応用が期待されています 。

金属-有機構造体 (Metal-Organic Frameworks) とは

典型的な金属錯体は単一の金属の周囲に有機化学物が配位していますが、もしその有機配位子が複数の配位部位を持つ場合、金属錯体が無数につながった構造を取ることができます。そのような無限多核錯体のなかでも、繋がり方の周期性が高い (結晶性が高い) 化合物群を、金属有機構造体(Metal-Organic Framework; MOF)とよびます。多孔性配位高分子(Porous Coordination Polymer; PCP)と呼ばれることもあります[1]

MOF(PCP)の調製例(出展:材料科学の基礎)

MOF(PCP)の調製例(出展:材料科学の基礎)

一般的な結晶は、原子やイオンが密に並んだ構造を持っているのに対して、MOF は有機分子が金属イオンを橋かけすることでナノサイズの空間を作り出します。つまり、MOF は多孔質材料であると言えます。その空間を利用して、新しいガス貯蔵材料[6,7] や触媒 [8]として注目されています。

その他の多孔質構造体との区別

従来から知られている多孔質材料として、グラファイト系の炭素材料である活性炭や、ケイ素とアルミニウムを主体とするゼオライトがあります。MOF はそれらの多孔質材料よりも高い表面積を有することが多いです。ゼオライトの BET 表面積は 100 m2/g から900 m2/g 程度ですが[5]、MOF の BET 表面積は 8000 m2/g 程度に及ぶことがあります[4]。くわえて、MOF は結晶性が高いため単結晶 X 線により構造を原子レベルでの構造解析が比較的容易です。ただし、MOF はゼオライトと比較すると耐熱性や化学的安定性に乏しいです。例えばカルボキシレート系の配位子を持つ MOF だと、300 ºC 程度で配位子の脱炭酸により分解し始める場合が多いです。

単結晶の例(出展:材料科学の基礎)

単結晶の例(出展:材料科学の基礎)

MOF の他の新しい多孔質構造体との比較

MOF 以外にも、21世紀以降、 新たな多孔質材料の開発が進んでいます。具体的には共有結合性有機構造体 (covalent organic framework, COF)[9]多孔性芳香族構造体 (porous aromatic framework, PAF)[10] が挙げられます。

COF は可逆的に形成できる有機官能基の連結により有機分子が規則正しく配列した構造体です。有機分子間の共有結合は、金属–配位子の配位結合よりも一般的に強いため、COF は MOF と比べて高い安定性を示します。ただし、結晶性が MOF よりも低く、粉末 X 線による分析はできるものの、単結晶 X 線回折にふさわしい大きさの単結晶を得ることが難しいことが難点です。“可逆的に形成できる” 官能基を連結基に用いるものの、有機分子の可逆反応は、金属–配位子間の結合形成よりも遅いため、規則的な結晶へと成長するのが難しいのです。
PAF は、官能基間の結合ではなく、カップリング反応で生成される強い炭素–炭素結合により芳香族環連結子が連結された構造体です。炭素–炭素結合の強さにより、PAF は、COF よりもさらに高い熱安定性および化学安定性を示します。しかし、結晶性は COF よりもさらに悪く、PAF は非晶質となります。
最近では、水素結合により有機分子が連結して生成される構造体である水素結合性有機構造体 (hydrogen bonded organic framework: HOF) も登場しています。

MOF が爆発的に成長している理由

従来の多孔質材料である活性炭はグラファイトをベースとしており、ゼオライトはケイ素とアルミニウムをベースにしています。したがってグラファイトは炭素材料で、ゼオライトは無機材料と言えるでしょう。一方、MOF は金属と有機分子からなることから、無機と有機のハイブリッド材料であるといえます。 そして MOF は金属の種類や有機分子の組み合わせ方によって多様な構造体を形成できます。すなわち、目的の機能に応じて様々な設計ができるのです。たとえば、孔径や官能基を精密調整することができ、孔表面の性質を自在調節する事も容易です。さらに合成後変換を利用することで、構造体の合成後にその機能を調整することもできます [11]。合成後変換は、有機化学の官能基変換や錯体の配位子交換反応のような分子化学の考え方を、固体材料にもたらした例であり、MOF の設計の自由度を増大させています。このような設計容易性により、MOF は現在爆発的な成長と研究競争を見せている材料の一つであり、基礎・応用問わず報告例は指数関数的に増加しています。

著名な MOF の研究者

カリフォルニア大学バークレー校の Omar Yaghi 教授が MOF の研究の第一人者として知られており、様々な新しい構造体を報告してきました。日本では、京都大学の北川進教授がこの材料群を扱う第一人者として知られています。それ以外にも、Northwestern 大学の Omar Farha 教授や MIT の Mircea Dinca 教授など、MOF の研究は世界中で活発に行われています。

代表的な MOF

代表的な MOF の結晶構造. グレーは炭素、赤は酸素、水色は亜鉛、茶色は銅、黄色はジルコニウム、紫はコバルトを表す.

関連記事

関連文献

  1. Batten, S. R.; Champness, N. R.: Chen, X. M.; Garcia-Martinez, J.; Kitagawa, S.; Ohrstrom, L.; O’Keeffe, M.; Suh, M. P.; Reedijk, J. Crystengcomm 2012, 14, 3001.
  2. (a) Kondo, M.; Yoshitomi, T.;  Seki, K.; Matsuzaka, H.; Kitagawa, S. Angew. Chem. Int. Ed. 1997, 36, 1725; (b) Li, H.; Eddaoudi, M.;  Groy, T. L.; Yaghi, O. M. J. Am. Chem. Soc. 1998120, 8571.
  3. Yaghi, O. M.; O’Keeffe, M.; Ockwig, N. W.; Chae, H. K.; Eddaoudi, M.; Kim, J. Nature 2003423, 705. DOI: 10.1038/nature01650
  4. Furukawa, H.; Kordova, K. E.; O’Keeffe, M.; Yaghi, O. M. Science 2013341, 1230444. DOI: 10.1126/science.1230444
  5. Galarneau, A; Mehlhorn, D.; Guenneau, F.; Coasne, B.; Villemot, F.; Minoux, D.; Aquino, C.; Dath, J.-P. Langmuir 201834, 14134. DOI: 10.1021/acs.langmuir.8b02144
  6. Kapelewski, M. T.; Runčevski, T.; Tarver, J. D.; Jiang, H. Z. H.; Hurst, K. E.; Parilla, P. A.; Ayala, A.; Gennett, T.; FitzGerald, S. A.; Brown, C. M.; Long, J. R. Chem. Mater. 201830, 8179−8189. DOI: 10.1021/acs.chemmater.8b03276
  7. Mason, J. A.; Veenstra, M.; Long, J. R. Chem. Sci. 20145, 32-51. DOI: 10.1039/c3sc52633j
  8. Wei, Y.-S.; Zhang, M.; Zou, R.; Xu, Q. Chem. Rev. 2020120, 12089. DOI: 10.1021/acs.chemrev.9b00757
  9. Geng, K.; He, T.; Liu, R.; Dalapati, S.; Tan, K. T.; Li, Z.; Tao, S.; Gong, Y.; Jiang, Q.; Jiang, D. Chem. Rev. 2020120, 8814. DOI: 10.1021/acs.chemrev.9b00550
  10. Tian, Y.; Zhu, G. Chem. Rev. 2020120, 8934. DOI: 10.1021/acs.chemrev.9b00687
  11. Cohen, S. M. J. Am. Chem. Soc. 2017139, 2855. DOI: 10.1021/jacs.6b11259

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

やぶ

やぶ

投稿者の記事一覧

PhD候補生として固体材料を研究しています。学部レベルの基礎知識の解説から、最先端の論文の解説まで幅広く頑張ります。高専出身。

関連記事

  1. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenc…
  2. フラストレイティド・ルイスペア Frustrated Lewis…
  3. E値 Environmental(E)-factor
  4. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes
  5. 液体キセノン検出器
  6. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatori…
  7. ランタノイド Lanthanoid
  8. ビオチン標識 biotin label

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー
  2. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren
  3. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  4. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-triazine
  5. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成
  6. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録
  7. 2016年2月の注目化学書籍
  8. 強塩基条件下でビニルカチオン形成により5員環をつくる
  9. 「細胞専用の非水溶媒」という概念を構築
  10. 【追悼企画】世のためになる有機合成化学ー松井正直教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

注目情報

注目情報

最新記事

自己組織化ねじれ双極マイクロ球体から円偏光発光の角度異方性に切り込む

第327回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 山本・山…

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP