[スポンサーリンク]

chemglossary

金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

 

適切な剛直有機配位子と配位方向が規定された金属クラスターの間で錯体形成を行うと、周期性の高い結晶性化合物が得られる。このような化合物群を、金属-有機構造体(Metal-Organic Framework; MOF)と称する。多孔性配位高分子(Porous Coordination Polymer; PCP)と呼ばれることもある[1]

MOF(PCP)の調製例(出展:材料科学の基礎)

MOF(PCP)の調製例(出展:材料科学の基礎)

MOFはこれまでの材料群には無い特徴を有する自己組織化型多孔性材料として注目を集めています。応用先としては、ガス貯蔵材料・吸着分離材料・導電性材料・磁性材料・不均一系触媒などが期待されています。

金属と有機化合物のハイブリッド材料であり、他の多孔性材料群であるゼオライトやメゾポーラスシリカなどに比べ軽量であり、かつ穏和な条件下に合成可能という特徴を持ちます。結晶性化合物であるため、X線を用いて原子レベルでの構造解析も可能です。

 

単結晶の例(出展:材料科学の基礎)

単結晶の例(出展:材料科学の基礎)

 

有機配位子をチューニングすることで、孔径や官能基を精密調整することができ、孔表面の性質を自在調節する事も容易です。

現在爆発的な成長と研究競争を見せている材料の一つであり、基礎・応用問わず報告例は指数関数的に増加しています。

日本では、京都大学の北川進教授がこの材料群を扱う第一人者として知られています。

 

関連文献

  1. Batten, S. R.; Champness, N. R.: Chen, X. M.; Garcia-Martinez, J.; Kitagawa, S.; Ohrstrom, L.; O’Keeffe, M.; Suh, M. P.; Reedijk, J. Crystengcomm 2012, 14, 3001.
  2. (a) Kondo, M.; Yoshitomi, T.;  Seki, K.; Matsuzaka, H.; Kitagawa, S. Angew. Chem. Int. Ed. 1997, 36, 1725; (b) Li, H.; Eddaoudi, M.;  Groy, T. L.; Yaghi, O. M. J. Am. Chem. Soc. 1998120, 8571.

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 振動円二色性スペクトル Vibrational Circular…
  2. 指向性進化法 Directed Evolution
  3. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q …
  4. 光親和性標識 photoaffinity labeling (P…
  5. NMR管
  6. 多重薬理 Polypharmacology
  7. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthes…
  8. ケージド化合物 caged compound

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  2. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  3. 2009年イグノーベル賞決定!
  4. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  5. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  6. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2
  7. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Kipping
  8. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  9. BO triple bond
  10. 先制医療 -実現のための医学研究-

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP