[スポンサーリンク]

chemglossary

金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks

 

適切な剛直有機配位子と配位方向が規定された金属クラスターの間で錯体形成を行うと、周期性の高い結晶性化合物が得られる。このような化合物群を、金属-有機構造体(Metal-Organic Framework; MOF)と称する。多孔性配位高分子(Porous Coordination Polymer; PCP)と呼ばれることもある[1]

MOF(PCP)の調製例(出展:材料科学の基礎)

MOF(PCP)の調製例(出展:材料科学の基礎)

MOFはこれまでの材料群には無い特徴を有する自己組織化型多孔性材料として注目を集めています。応用先としては、ガス貯蔵材料・吸着分離材料・導電性材料・磁性材料・不均一系触媒などが期待されています。

金属と有機化合物のハイブリッド材料であり、他の多孔性材料群であるゼオライトやメゾポーラスシリカなどに比べ軽量であり、かつ穏和な条件下に合成可能という特徴を持ちます。結晶性化合物であるため、X線を用いて原子レベルでの構造解析も可能です。

 

単結晶の例(出展:材料科学の基礎)

単結晶の例(出展:材料科学の基礎)

 

有機配位子をチューニングすることで、孔径や官能基を精密調整することができ、孔表面の性質を自在調節する事も容易です。

現在爆発的な成長と研究競争を見せている材料の一つであり、基礎・応用問わず報告例は指数関数的に増加しています。

日本では、京都大学の北川進教授がこの材料群を扱う第一人者として知られています。

 

関連文献

  1. Batten, S. R.; Champness, N. R.: Chen, X. M.; Garcia-Martinez, J.; Kitagawa, S.; Ohrstrom, L.; O’Keeffe, M.; Suh, M. P.; Reedijk, J. Crystengcomm 2012, 14, 3001.
  2. (a) Kondo, M.; Yoshitomi, T.;  Seki, K.; Matsuzaka, H.; Kitagawa, S. Angew. Chem. Int. Ed. 1997, 36, 1725; (b) Li, H.; Eddaoudi, M.;  Groy, T. L.; Yaghi, O. M. J. Am. Chem. Soc. 1998120, 8571.

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthes…
  2. 材料適合性 Material compatibility
  3. 振動円二色性(VCD)スペクトル しんどうえんにしょくせいすぺく…
  4. エピジェネティクス epigenetics
  5. ノーベル化学賞 のーべるかがくしょう Nobel Prize i…
  6. 光線力学療法 Photo Dynamic Therapy (PD…
  7. 原子間力顕微鏡 Atomic Force Microscope …
  8. 二光子吸収 two photon absorption

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アゾ化合物シストランス光異性化
  2. Medical Gases: Production, Applications, and Safety
  3. 化学でカードバトル!『Elementeo』
  4. クリス・クミンス Christopher C. Cummins
  5. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  6. 鉄触媒での鈴木-宮浦クロスカップリングが実現!
  7. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  8. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  9. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction
  10. エピジェネティクス epigenetics

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

金沢ふるさと偉人館

金沢ふるさと偉人館は石川県金沢市にある金沢ゆかりの人物20名あまりに関する資料館。その中でも化学者と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP