[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収

スイスの医薬品大手ノバルティスは21日、ドイツの後発医薬品(ジェネリクス)2位のヘクサルを買収することで合意したと発表した。ヘクサルと提携関係にある米後発品大手イオン・ラブズも傘下に収める。両社の買収の結果、ノバルティスの後発品部門「サンド」は、後発品メーカーとしては世界最大手となる。(引用:日本経済新聞)

 

 

後発医薬品とは新薬を先発品とし、特許切れ等の後に出てくる類似の医薬品のことです。基本的には入っている化合物は変わりませんが、製剤法などの改良や製造方法の改良、さらに安価で先発品に比べてよいことが多いとされています。ただ副作用が出た場合に適切な対処ができるかが微妙なところのようです。詳しくは全くわからないので関連サイトをご覧ください。

 

 

関連サイト

 

 

他では聞けないくすりのはなし

 

 

薬剤師が発する、医薬品や医療に関する情報です。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  2. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  3. ノーベル賞・田中さん愛大で講義
  4. ノーベル賞親子2代受賞、コーンバーグさんが東大で講演
  5. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  6. ファイザーがワイスを買収
  7. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  8. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  2. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method
  3. BASFとはどんな会社?-1
  4. 投票!2013年ノーベル化学賞は誰の手に??
  5. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透
  6. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  7. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  8. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  9. がんをスナイプするフェロセン誘導体
  10. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP