[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収

スイスの医薬品大手ノバルティスは21日、ドイツの後発医薬品(ジェネリクス)2位のヘクサルを買収することで合意したと発表した。ヘクサルと提携関係にある米後発品大手イオン・ラブズも傘下に収める。両社の買収の結果、ノバルティスの後発品部門「サンド」は、後発品メーカーとしては世界最大手となる。(引用:日本経済新聞)

 

 

後発医薬品とは新薬を先発品とし、特許切れ等の後に出てくる類似の医薬品のことです。基本的には入っている化合物は変わりませんが、製剤法などの改良や製造方法の改良、さらに安価で先発品に比べてよいことが多いとされています。ただ副作用が出た場合に適切な対処ができるかが微妙なところのようです。詳しくは全くわからないので関連サイトをご覧ください。

 

 

関連サイト

 

 

他では聞けないくすりのはなし

 

 

薬剤師が発する、医薬品や医療に関する情報です。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 北大触媒化研、水素製造コスト2―3割安く
  2. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬
  3. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  4. タミフル、化学的製造法を開発…スイス社と話し合いへ
  5. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  6. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ
  7. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  8. 富山化の認知症薬が米でフェーズ1入り

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement
  2. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  3. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  4. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  6. ジアゾメタン
  7. ナノの世界の交通事情~セルラーゼも渋滞する~
  8. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  9. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  10. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP