[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジャスティン・デュボア Justin du Bois

ジャスティン・デュボア(Justin du Bois、1969年8月23日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Stanford University)。米スタンフォード大学教授。

 経歴

1992 カリフォルニア大学バークリー校 卒業 (Ken Raymond教授)
1997 カリフォルニア工科大学 博士号取得(Eric Carreira教授)
1997-1999 マサチューセッツ工科大学 NIH博士研究員(Stephen Lippard教授)
1999- スタンフォード大学助教授
2005  スタンフォード大学准教授

受賞歴

2004 Yoshimasa Hirata Memorial Lecture Award
2004 Arthur C. Cope Young Scholars Award
2008 Tetrahedron Young Investigator Award

 

研究概要

新規方法論に基づく天然物の全合成研究

二核ロジウム触媒を用いた触媒的C-Hアミノ化(Du Bois アミノ化)を鍵として、テトロドトキシンやサキシトキシン、マンザシジンといった難関天然物を、斬新なルートにて合成している。

現在合成している天然物例(出典:Du Bois lab)

 

du_bois_amine_1.gifDu Boisアミノ化

コメント&その他

 

関連文献

  • Hinman, A.; Du Bois, J. J. Am. Chem. Soc., 2003, 125, 11510. DOI: 10.1021/ja0368305
  • Espino, C. G.; Williams Fiori, K.; Kim, M.; Du Bois, J. J. Am. Chem. Soc., 2004, 126, 15378. DOI: 10.1021/ja0446294
  • Fleming, J. J.; Du Bois, J. J. Am. Chem. Soc., 2006, 128, 3926. DOI: 10.1021/ja0608545
  • Logan, M. M.; Toma, T.; Thomas-Tran, R.; Du Bois, J. Science 2016354, 865 DOI: 10.1126/science.aag2981

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マックス・プランク Max Planck
  2. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  3. ルーベン・マーティン Ruben Martin
  4. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  5. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  6. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  7. 菅裕明 Hiroaki Suga
  8. 小林 修 Shu Kobayashi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  2. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム L/N/K-Selectride
  3. ヤモリの足のはなし ~吸盤ではない~
  4. カイニン酸 kainic acid
  5. ゴム状硫黄は何色?
  6. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  7. 人工軟骨への応用を目指した「ダブルネットワークゲル」
  8. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  9. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  10. 真島利行系譜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP