[スポンサーリンク]

ケムステニュース

砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功

砂糖から熱に強く丈夫な透明樹脂を作り出すことに、大阪府立大江崎グリコ(大阪市)、三和澱粉(でんぷん)工業(奈良県)が成功した。
 環境への負荷が少ない素材として、液晶画面用の偏光フィルムや、薬剤を包む極小カプセルなどへの応用が期待される。
 この樹脂は、米やジャガイモに含まれるでんぷんの成分「アミロース」でできている。アミロースをでんぷんから分離することは難しいが、研究グループは、砂糖を2種類の酵素と反応させる方法で、合成に成功した。
 合成アミロースは、薄膜、ゼリー状、糸など様々な形状に加工でき、「直径20ナノ・メートル(ナノは10億分の1)のカプセルも作れる」(同大の北村進一教授)。約200度の熱にも耐えられる。土に埋めると、微生物が分解してくれるという。 (引用:読売新聞)
生分解性、安全性が高いバイオポリマーの開発のニュースです。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「富士フイルム和光純薬」として新たにスタート
  2. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  3. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  4. サリドマイドを監視
  5. 独バイエル、2004年は3部門全てで増収となった可能性=CEO
  6. 理系が文系よりおしゃれ?
  7. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  8. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  2. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  3. ヨン・ピエール Jorn Piel
  4. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  5. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  6. これならわかる マススペクトロメトリー
  7. 萩反射炉
  8. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  9. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)
  10. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

塩基と酸でヘテロ環サイズを”調節する”

塩基と酸を作用させるだけで環サイズを調節できるユニークな中員環合成手法が報告された。塩基による環拡大…

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP