[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

平田 義正 Yoshimasa Hirata

[スポンサーリンク]

平田 義正 (ひらた よしまさ、1915年5月30日-2000年3月5日)は、日本の有機化学者、天然物化学者である。

経歴

1938年 東京帝国大学理学部化学科入学
1941年 東京帝国大学理学部化学科卒業 (久保田勉之助教授の下で黄変米の有毒成分を研究)
1943年 東京帝国大学理学部化学科助手
1944年 名古屋帝国大学理学部講師
同 年 名古屋帝国大学理学部助教授

1952~1953年 訪問研究員(ハーバード大学ルイス・フィーザー教授)
1954年 名古屋大学教授

受賞歴

1961 中日文化賞
1965 朝日賞
1977 日本学士院賞
1977 藤原賞
1990 文化功労者

研究概要

テトロドトキシンなどの構造決定

コメント&その他

  1. 教育者として傑出しており、後藤俊夫(元名古屋大学教授)、中西香爾(米コロンビア大教授)、岸義人(米ハーバード大名誉教授)、上村大輔(名古屋大学名誉教授)、磯部稔(名古屋大学教授)、下村脩(米ボストン大名誉教授・ノーベル賞化学者)などなど、世界レベルの化学者を多数輩出している。
  2. 彼の業績をたたえ、平田義正メモリアル賞が2004年より設立されている。若手から中堅にかけての世界的に優れた有機化学者に与えられる。

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ガレン・スタッキー Galen D. Stucky
  2. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn
  3. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  4. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  5. エリック・メガース Eric Meggers
  6. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  7. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  8. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  2. 「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より
  3. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  4. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  5. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  6. 危険物取扱者試験の乙種全類 磐田農高生6人が合格
  7. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  8. 聖なる牛の尿から金を発見!(?)
  9. 福住 俊一 Shunichi Fukuzumi
  10. Bergfriendhof (山の墓地)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウム金属電池の寿命を短くしている原因を研究者が突き止める

リチウムリオンバッテリー(リチウムイオン二次電池)はPCやスマートフォンなどの電子機器に利用されてい…

研究室でDIY!~エバポ用真空制御装置をつくろう~ ③

さて、前回に引き続いて、「エバポ用真空制御装置の自作」に挑戦しています。前回までの記事では、…

AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・Insitro社 / 英・ケンブリッジ大学の研究から~

AIの機械学習による創薬が化学業界で注目を集めています。2019年3月に米国サンフランシスコで開催さ…

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

1. 高粘度撹拌、高温・高圧・高真空に対応可能な反応釜高粘度でも撹拌できる大容量攪拌機と効率用除…

ライトケミカル工業2021年採用情報

当社の技術グループは、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化…

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP