[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

平田 義正 Yoshimasa Hirata

平田 義正 (ひらた よしまさ、1915年5月30日-2000年3月5日)は、日本の有機化学者、天然物化学者である。

経歴

1938年 東京帝国大学理学部化学科入学
1941年 東京帝国大学理学部化学科卒業 (久保田勉之助教授の下で黄変米の有毒成分を研究)
1943年 東京帝国大学理学部化学科助手
1944年 名古屋帝国大学理学部講師
同 年 名古屋帝国大学理学部助教授

1952~1953年 訪問研究員(ハーバード大学ルイス・フィーザー教授)
1954年 名古屋大学教授

受賞歴

1961 中日文化賞
1965 朝日賞
1977 日本学士院賞
1977 藤原賞
1990 文化功労者

研究概要

テトロドトキシンなどの構造決定

コメント&その他

  1. 教育者として傑出しており、後藤俊夫(元名古屋大学教授)、中西香爾(米コロンビア大教授)、岸義人(米ハーバード大名誉教授)、上村大輔(名古屋大学名誉教授)、磯部稔(名古屋大学教授)、下村脩(米ボストン大名誉教授・ノーベル賞化学者)などなど、世界レベルの化学者を多数輩出している。
  2. 彼の業績をたたえ、平田義正メモリアル賞が2004年より設立されている。若手から中堅にかけての世界的に優れた有機化学者に与えられる。

関連文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 劉 龍 Ryong Ryoo
  2. リチャード・ゼア Richard N. Zare
  3. 八島栄次 Eiji Yashima
  4. 宮浦憲夫 Norio Miyaura
  5. ドナルド・トゥルーラー Donald G. Truhlar
  6. 森謙治 Kenji Mori
  7. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  8. ルステム・イズマジロフ Rustem F. Ismagilov

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  2. 異分野交流のススメ:ヨーロッパ若手研究者交流会参加体験より
  3. イヴァン・フック Ivan Huc
  4. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  5. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  6. 情報の最小単位がついに原子?超次世代型メモリー誕生!
  7. がん治療にカレー成分-東北大サイエンスカフェ
  8. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成功
  9. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening
  10. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

有機合成化学協会誌2018年5月号:天然物化学特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年5月号が先日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP