[スポンサーリンク]


2009年 6月 11日

  1. マクマリーカップリング McMurry Coupling

    概要アルデヒドやケトンを低原子価チタン種で還元的にカップリングさせ、アルケンを合成する反応。オゾン分解の逆形式と捉えられる。分子内でも効率よく進行し、大環状化合物や天然物合成に広く用いられている。 (さらに&he…

  2. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

    概要芳香族ジアゾ化合物の変換反応。ジアゾ化合物はニトロ化合物やアニリン誘導体を出発原料として容易…

  3. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis

    概要フタルイミドのアルキル化を利用して、第一級アミンを得る方法。ハロゲン化ア…

  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation

    概要キノン-ホスフィンの酸化還元系を用いる縮合反応を経てエステルもしくはエーテルを与える反応。光…

  5. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction

    概要亜リン酸エステル(ホスファイト)にハロゲン化アルキルを作用させ、五価のリン酸エステル(ホスフ…

  6. ワッカー酸化 Wacker oxidation

  7. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

  8. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction

  9. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation

  10. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位
  2. 化学研究ライフハック: 研究現場のGTD式タスク管理
  3. 【悲報】HGS 分子構造模型 入手不能に
  4. カチオン性三核Pd触媒でC–I結合選択的にカップリングする
  5. 京大融合研、産学連携で有機発光トランジスタを開発
  6. リンダウ会議に行ってきた④
  7. 発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

注目情報

最新記事

トンネル構造をもつマンガン酸化物超微粒子触媒を合成

第409回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 材料系 原・鎌田研究室に在籍されて…

第174回―「特殊な性質を持つフルオロカーボンの化学」David Lemal教授

第174回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・レマル教授です。ダートマスカレッジ化学科に所属し、…

二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

Tshozoです。先月このような論文がNature本誌に発表されました。窒素固定と言えばやはり筆…

有機合成化学協会誌2022年8月号:二酸化炭素・アリル銅中間体・遺伝子治療・Phaeosphaeride・(−)-11-O-Debenzoyltashironin・(−)-Bilobalide

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年8月号がオンライン公開されました。筆…

生体分子と疾患のビッグデータから治療標的分子を高精度で予測するAIを開発

第 408 回のスポットライトリサーチは、九州工業大学 情報工学府 博士後期課程…

PAGE TOP