[スポンサーリンク]


2009年 6月 11日

  1. マクマリーカップリング McMurry Coupling

    概要アルデヒドやケトンを低原子価チタン種で還元的にカップリングさせ、アルケンを合成する反応。オゾン分解の逆形式と捉えられる。分子内でも効率よく進行し、大環状化合物や天然物合成に広く用いられている。 (さらに&he…

  2. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

    概要芳香族ジアゾ化合物の変換反応。ジアゾ化合物はニトロ化合物やアニリン誘導体を出発原料として容易…

  3. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis

    概要フタルイミドのアルキル化を利用して、第一級アミンを得る方法。ハロゲン化ア…

  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation

    概要キノン-ホスフィンの酸化還元系を用いる縮合反応を経てエステルもしくはエーテルを与える反応。光…

  5. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction

    概要亜リン酸エステル(ホスファイト)にハロゲン化アルキルを作用させ、五価のリン酸エステル(ホスフ…

  6. ワッカー酸化 Wacker oxidation

  7. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

  8. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction

  9. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation

  10. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 2つの触媒反応を”孤立空間”で連続的に行う
  2. ルテニウム触媒を用いたcis選択的開環メタセシス重合
  3. 浜松ホトニクスがケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!
  5. DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―
  6. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  7. 一流科学者たちの経済的出自とその考察

注目情報

最新記事

全合成研究は創薬化学のトレーニングになり得るか?

天然物の全合成は現代でも創薬化学 (メディシナルケミストリー) のための良いトレ…

材料開発における生成AIの活用方法

開催日:2024/06/26 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Ming Yang教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年6月19日(水)に東京工業大学 大岡山キャンパス(理学部)にて開催さ…

【6/26・27開催ウェビナー】バイオ分野の分析評価・試験~粒子径測定と吸入製剤試験の新技術~(三洋貿易株式会社)

1.ウェビナー概要2024年6月26日・27日の2日間で開催される三洋貿易ウェビ…

なんとオープンアクセス!Modern Natural Product Synthesis

(注)↑上記アマゾンでは売っていますが、実はオープンアクセスで、PDFならば完全無料ですので…

PAGE TOP