[スポンサーリンク]


2009年 6月 11日

  1. マクマリーカップリング McMurry Coupling

    概要アルデヒドやケトンを低原子価チタン種で還元的にカップリングさせ、アルケンを合成する反応。オゾン分解の逆形式と捉えられる。分子内でも効率よく進行し、大環状化合物や天然物合成に広く用いられている。 (さらに&he…

  2. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction

    概要芳香族ジアゾ化合物の変換反応。ジアゾ化合物はニトロ化合物やアニリン誘導体を出発原料として容易…

  3. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthesis

    概要フタルイミドのアルキル化を利用して、第一級アミンを得る方法。ハロゲン化ア…

  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Condensation

    概要キノン-ホスフィンの酸化還元系を用いる縮合反応を経てエステルもしくはエーテルを与える反応。光…

  5. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction

    概要亜リン酸エステル(ホスファイト)にハロゲン化アルキルを作用させ、五価のリン酸エステル(ホスフ…

  6. ワッカー酸化 Wacker oxidation

  7. アルダー エン反応 Alder Ene Reaction

  8. レフォルマトスキー反応 Reformatsky Reaction

  9. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation

  10. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 金属内包フラーレンを使った分子レーダーの創製
  2. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan
  3. モッシャー法 Mosher Method
  4. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-2-yltrimethylsilane
  5. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylmagnesium Chloride activated with Zinc Chloride
  6. 進撃のタイプウェル
  7. ステッター反応 Stetter reaction

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP