[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学五輪で日本の高校生2人が金メダル

ICO_2009.jpg

世界約70カ国の高校生が化学の実力を競い合う第41回「国際化学オリンピック」(7/18~7/27 於:イギリス・ケンブリッジ)。本日現地から、日本代表生徒4名全員がメダルを獲得したとの嬉しい報告がありました。金メダルが2個、銀メダルが1個、銅メダルが1個は、2003年の初参加以来、最高の成績です。(写真・文章引用:国際化学オリンピック日本公式ページ)

先日イギリスのケンブリッジで開かれた世界中の高校生が競う知の祭典・国際化学オリンピックにて、日本代表が2つの金メダルを獲得したそうです。おめでとうございます!!

成績は写真左から、中條淳博くん(東大寺学園3年)=銀メダル、小澤直也くん(駒場東邦3年)=金メダル、遠藤健一くん(栄光学園2年)=金メダル、永澤彩さん(白陵3年)=銅メダル。

中でも小沢君は昨年度のハンガリー大会にも参加して銅メダルを獲得しているそうで、安定した実力を示した結果の金メダルと言えるでしょう。

参加者は250人で、成績上位から金10%、銀20%、銅30%という配分でメダルが与えられます。世界各国から生え抜きの人材が選ばれて参加しているいるわけですから、金メダル2個はまさに快挙です。

今年は他の科学系オリンピック、数学オリンピック・生物学オリンピック・物理オリンピックでも、日本代表は複数の金メダルを獲得するなど相当な好成績を収めています。理科離れが嘆かれる昨今において、明るいニュースだったと言えるのではないでしょうか。

来年度(2010年)の国際化学オリンピックは、野依良治先生指揮の下、東京にて行われることになっています。日本軍団はホームグラウンドにて、更なる好成績を収めることが出来るでしょうか?来年の参加者にも是非期待したいと思います。

  • 関連書籍
化学オリンピック完全ガイド
化学同人
化学オリンピック日本委員会(編さん)渡辺 正(監修)
発売日:2008-03
完全攻略 化学オリンピック
日本評論社
化学オリンピック日本委員会(編集)渡辺 正(編集)
発売日:2009-04-02
  • 関連リンク

国際化学オリンピック 日本語公式ページ

国際化学オリンピックを知っていますか? 化学オリンピックの紹介PDF

第42回国際化学オリンピック 日本大会 2010年は東京で開催されます

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  2. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  3. 第38回有機金属若手の会
  4. 2010年化学10大ニュース【Part2】
  5. 医薬品の黄金世代到来?
  6. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合…
  7. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用
  8. 日本化学会、論文無料公開へ新方式

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ポール・アリヴィサトス Paul Alivisatos
  2. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  3. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  4. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  5. 「重曹でお掃除」の化学(その2)
  6. 化学物質研究機構、プロテオーム解析用超高感度カラム開発
  7. コーヒーブレイク
  8. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授
  9. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  10. 結晶世界のウェイトリフティング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP