[スポンサーリンク]


2009年 6月 19日

  1. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

    概要α水素を持たないアルデヒドを水酸化ナトリウム水溶液中加熱すると、還元体であるアルコールと酸化体であるカルボン酸が1:1の量比で得られる。通常交差反応は難しく、2種のアルデヒド間では理論上、4種以上の混合物を与…

  2. クライゼン転位 Claisen Rearrangement

    概要アリルビニルエーテルからγ,δ-不飽和カルボニル化合物が生じる-シグマトロピ…

  3. ウォルフ転位 Wolff Rearrangement

    概要ジアゾケトンの脱窒素で生じたカルベンがケテンに転位する反応。ケテンは水やアル…

  4. フィッシャー インドール合成 Fischer Indole Synthesis

    概要アルデヒド・ケトンとアリールヒドラジンとの反応で生成するアリールヒドラゾンを酸触媒の存在下加…

  5. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction

    概要アジド化合物は三価のリン化合物と反応して、イミノホスホラン(アザ-リンイリド…

  6. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling

  7. 福山還元反応 Fukuyama Reduction

  8. トロスト酸化 Trost Oxidation

  9. テッベ試薬 Tebbe Reagent

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ジアゾメタン
  2. プラナーボラン - 有機エレクトロニクス界に期待の新化合物
  3. ケック不斉アリル化 Keck Asymmetric Allylation
  4. ベーシック反応工学
  5. 進撃のタイプウェル
  6. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~初級編~

注目情報

最新記事

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時4…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

PAGE TOP