[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

トロスト酸化 Trost Oxidation

 

概要

1級水酸基共存下に、2級水酸基を選択的に酸化することができる。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

Norzoanthamineの合成[1] trost_oxi_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Miyashita, M.; Sasaki, M.; Hattori, I.; Sakai, M. Tanino, K.Science 2004, 305, 495. DOI: 10.1126/science.1098851

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ピロティ・ロビンソン ピロール合成 Piloty-Robinso…
  2. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts A…
  3. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  4. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  5. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  6. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  7. 酵素による光学分割 Enzymatic Optical Reso…
  8. 秋山・寺田触媒 Akiyama-Terada Catalyst

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素紀行
  2. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  3. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」
  4. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  5. 総合化学大手5社の前期、4社が経常減益
  6. 光化学スモッグ注意報が発令されました
  7. 英語発表に”慣れる”工夫を―『ハイブリッド型報告会』のススメ
  8. 学問と創造―ノーベル賞化学者・野依良治博士
  9. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  10. 半年服用で中性脂肪3割減 ビタミンPと糖の結合物質

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP