[スポンサーリンク]

C

カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

 

概要

α水素を持たないアルデヒドを水酸化ナトリウム水溶液中加熱すると、還元体であるアルコールと酸化体であるカルボン酸が1:1の量比で得られる。

通常交差反応は難しく、2種のアルデヒド間では理論上、4種以上の混合物を与える結果となる。しかし、アルデヒドの一方をホルムアルデヒドにして反応させると、ホルムアルデヒドが優先的に還元剤として働く。この場合、もう一方のアルデヒドから対応するアルコールが収率よく生成される。

エノール化しうるアルデヒドの場合にはアルドール反応が起こり、上手くいかない。

基本文献

 

開発の歴史

1853年イタリアの化学者(政治家でもある)カニッツァロによって発見。

Stanislao Cannizzaro

Stanislao Cannizzaro

反応機構

canniz1.gif

反応例

canizzaro_3.gif
cannizzaro_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Py…
  2. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  3. フィッツィンガー キノリン合成 Pfitzinger Quino…
  4. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  5. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  6. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  7. ガブリエルアミン合成 Gabriel Amine Synthes…
  8. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  2. 旭化成、5年で戦略投資4千億
  3. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  4. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  5. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  6. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  7. 2009年10大化学ニュース【Part2】
  8. スピノシン spinosyn
  9. 光触媒で新型肺炎を防止  ノリタケが実証
  10. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP