[スポンサーリンク]

C

カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

α水素を持たないアルデヒドを水酸化ナトリウム水溶液中加熱すると、還元体であるアルコールと酸化体であるカルボン酸が1:1の量比で得られる。

通常交差反応は難しく、2種のアルデヒド間では理論上、4種以上の混合物を与える結果となる。しかし、アルデヒドの一方をホルムアルデヒドにして反応させると、ホルムアルデヒドが優先的に還元剤として働く。この場合、もう一方のアルデヒドから対応するアルコールが収率よく生成される。

エノール化しうるアルデヒドの場合にはアルドール反応が起こり、上手くいかない。

基本文献

 

開発の歴史

1853年イタリアの化学者(政治家でもある)カニッツァロによって発見。

Stanislao Cannizzaro

Stanislao Cannizzaro

反応機構

canniz1.gif

反応例

canizzaro_3.gif
cannizzaro_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gab…
  2. フリッチュ・ブッテンバーグ・ウィーチェル転位 Fritsch-B…
  3. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  4. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reage…
  5. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  6. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  7. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  8. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  2. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  3. 【追悼企画】鋭才有機合成化学者ーProf. David Gin
  4. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  5. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt Oxidation
  6. “結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成
  7. カストロ・ステファンス カップリング Castro-Stephens Coupling
  8. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  9. Purification of Laboratory Chemicals
  10. 富士フイルムが医薬事業に本格参入

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP