[スポンサーリンク]

C

カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

 

概要

α水素を持たないアルデヒドを水酸化ナトリウム水溶液中加熱すると、還元体であるアルコールと酸化体であるカルボン酸が1:1の量比で得られる。

通常交差反応は難しく、2種のアルデヒド間では理論上、4種以上の混合物を与える結果となる。しかし、アルデヒドの一方をホルムアルデヒドにして反応させると、ホルムアルデヒドが優先的に還元剤として働く。この場合、もう一方のアルデヒドから対応するアルコールが収率よく生成される。

エノール化しうるアルデヒドの場合にはアルドール反応が起こり、上手くいかない。

基本文献

 

開発の歴史

1853年イタリアの化学者(政治家でもある)カニッツァロによって発見。

Stanislao Cannizzaro

Stanislao Cannizzaro

反応機構

canniz1.gif

反応例

canizzaro_3.gif
cannizzaro_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hyd…
  2. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  3. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  4. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts A…
  5. ミズロウ・エヴァンス転位 Mislow-Evans Rearra…
  6. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  7. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…
  8. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト
  2. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group
  3. 飯島澄男 Sumio Iijima
  4. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  5. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  6. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?
  7. 深海の美しい怪物、魚竜
  8. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)
  9. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成
  10. 172番元素までの周期表が提案される

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP