[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

ライオンオーラル研究所は、歯の表面でフッ素が虫歯予防効果をより発揮するための新材料を開発した。

高分子の「カチオン化セルロース」という成分で、フッ素入りの歯磨き剤に加えると、フッ素が歯の表面に吸着しやすくなり、歯の再石灰化をより促進することを発見した。(引用:nikeibp.jp

?

関連リンク

歯医者に虫歯は治せるか
予防歯科医の立場から、本当に虫歯を治すとはどういうことか、健康とはなんなのかを考え、人間が本来持つ適応能力を強化する「人間歯科学」を提唱する。

見えないから恐い口の病気―虫歯からガンまで

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  4. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  5. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  6. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  8. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マット・フランシス Matthew B. Francis
  2. カーボンナノペーパー開発 信州大、ナノテク新素材
  3. その電子、私が引き受けよう
  4. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  5. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  6. 生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis
  7. ACD/ChemSketch Freeware 12.0
  8. 2005年11月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. ChemDrawの使い方【作図編③:表】
  10. グラーメ・モード Graeme Moad

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP