[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

[スポンサーリンク]

ライオンオーラル研究所は、歯の表面でフッ素が虫歯予防効果をより発揮するための新材料を開発した。

高分子の「カチオン化セルロース」という成分で、フッ素入りの歯磨き剤に加えると、フッ素が歯の表面に吸着しやすくなり、歯の再石灰化をより促進することを発見した。(引用:nikeibp.jp

?

関連リンク

歯医者に虫歯は治せるか
予防歯科医の立場から、本当に虫歯を治すとはどういうことか、健康とはなんなのかを考え、人間が本来持つ適応能力を強化する「人間歯科学」を提唱する。

見えないから恐い口の病気―虫歯からガンまで

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 医薬品の黄金世代到来?
  2. ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去
  3. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  4. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  5. マンダムと京都大学、ヘアスタイルを自然な仕上がりのままキープする…
  6. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  7. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  8. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビッグデータが一変させる化学研究の未来像
  2. 情報守る“秘密の紙”開発
  3. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  4. 化学の力で迷路を解く!
  5. コーラから発がん物質?
  6. 世界初!反転層型ダイヤMOSFETの動作実証に成功
  7. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  8. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  9. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  10. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP