[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

[スポンサーリンク]

ライオンオーラル研究所は、歯の表面でフッ素が虫歯予防効果をより発揮するための新材料を開発した。

高分子の「カチオン化セルロース」という成分で、フッ素入りの歯磨き剤に加えると、フッ素が歯の表面に吸着しやすくなり、歯の再石灰化をより促進することを発見した。(引用:nikeibp.jp

?

関連リンク

歯医者に虫歯は治せるか
予防歯科医の立場から、本当に虫歯を治すとはどういうことか、健康とはなんなのかを考え、人間が本来持つ適応能力を強化する「人間歯科学」を提唱する。

見えないから恐い口の病気―虫歯からガンまで

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  2. Nature Chemistryデビュー間近!
  3. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  4. ファイザー新社長にソーレン・セリンダー氏が就任
  5. 熊田誠氏死去(京大名誉教授)=有機ケイ素化学の権威
  6. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  7. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  8. 配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鉄とヒ素から広がる夢の世界
  2. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification
  3. 第10回 ナノ構造/超分子を操る Jonathan Steed教授
  4. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  5. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  6. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院
  7. 2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版
  8. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  9. 手術中にガン組織を見分ける標識試薬
  10. メールのスマートな送り方

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP