[スポンサーリンク]


2009年 9月 09日

  1. FAMSO

    概要Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケト…

  2. パターノ・ビューチ反応 Paterno-Buchi Reaction

    概要アルケンおよびアルデヒド(ケトン)の混合物に紫外線照射すると、ひずんだ四員環…

  3. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylation

    概要芳香族ジアゾニウム塩を塩化銅(Ⅰ)触媒を用いて、電子不足オレフィンに付加させ…

  4. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction

    概要オルト位にシアニドが求核攻撃し、ニトロ基の脱離を伴いつつ最終的にカルボン酸を…

  5. ネバー転位 Neber Rearrangement

    概要ケトンのα位にアミンを導入するための有用方法論の一つ。アルデヒドに同様の条件…

  6. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction

  7. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)

  8. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement

  9. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement

  10. ゲヴァルト チオフェン合成 Gewald Thiophene Synthesis

  11. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾
  2. それは夢から始まったーベンゼンの構造提唱から150年
  3. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  4. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  5. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  6. 沼田 圭司 Keiji Numata
  7. ハイブリット触媒による不斉C–H官能基化

注目情報

最新記事

松田 豊 Yutaka Matsuda

松田 豊(まつだゆたか, 1985年07月04日-)は、抗体薬物複合体(ADC)の製造技術を開発して…

化学産業のサプライチェーンをサポートする新しい動き

長瀬産業株式会社、ナガセ情報開発株式会社は、2023年2月1日より、化学品ドキュメントの配付管理ツー…

シクロデキストリンの「穴の中」で光るセンサー

第468回のスポットライトリサーチは、上智大学理工学部 物質生命理工学科 分析化学研究グループ(早下…

Excelでできる材料開発のためのデータ解析[超入門]-統計の基礎や機械学習との違いを解説-

 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘によ…

超原子価ヨウ素反応剤を用いたジアミド類の4-イミダゾリジノン誘導化

第468回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学  合成薬品製造学研究室(伊藤研究室)に所属されて…

PAGE TOP