[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

水素結合水H4O

[スポンサーリンク]

ぷれぜんとされたのでのんでみました

とってもふつうのみずでした

パッケージの分子モデルといい、考えた人は、化学をちゃんと専門にしてたのかもしれません

実のところ、かなり秀逸なセンスをしてるようにおもえます(特にネーミングとオカルトに関して)

一本500円というぜつみょうな価格設定もすばらしいです

というわけでたいへんきにいりました

大枚はたいてネタとして買ってみるのは、きっとアリ!

(一応断っておきますが、ジョークです。行間読んでくださいね♪ くれぐれも字面通り捉えないでくださいネ★)

  • 関連商品
  • 関連リンク

h4o.co.jp 公式サイト

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン
  2. 有機合成化学協会誌2017年6月号 :創薬・糖鎖合成・有機触媒・…
  3. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  4. 年に一度の「事故」のおさらい
  5. ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」
  6. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  7. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  8. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 黒田 玲子 Reiko Kuroda
  2. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  3. こんな装置見たことない!化学エンジニアリングの発明品
  4. 金属ヒドリド水素原子移動(MHAT)を用いた四級炭素構築法
  5. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation
  6. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  7. リンダウ会議に行ってきた④
  8. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~
  9. 「無保護アルコールの直截的なカップリング反応」-Caltech Fu研より
  10. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP