[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ヒドリド源+α,β-不飽和カルボニル化合物の1,4-還元により金属エノラートを生成し、その後アルデヒドなどのカルボニル化合物を作用させ、アルドール反応を行う手法。シリルエノラートなどの前調製を必要とせず、入手容易な試薬で行えるという簡便さが特徴。

 

基本文献

 

反応機構

上記の反応スキームおよび交差アルドール反応を参照。

 

反応例

Morkenらによる触媒的還元的不斉アルドール反応[1] reductive_aldol_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Taylor, S. J.; Duffey, M. O.; Morken, J. P. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 4528 DOI: 10.1021/ja9944453

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

関連記事

  1. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…
  2. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearr…
  3. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting …
  4. コンベス キノリン合成 Combes Quinoline Syn…
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  6. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Par…
  7. 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagih…
  8. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 粘土に挟まれた有機化合物は…?
  2. 真島利行系譜
  3. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  4. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  5. 小坂田 耕太郎 Kohtaro Osakada
  6. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡
  7. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  8. アルカリ土類金属触媒の最前線
  9. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  10. カネカ 日本の化学会社初のグリーンボンドを発行

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP