[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

還元的アルドール反応 Reductive Aldol Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ヒドリド源+α,β-不飽和カルボニル化合物の1,4-還元により金属エノラートを生成し、その後アルデヒドなどのカルボニル化合物を作用させ、アルドール反応を行う手法。シリルエノラートなどの前調製を必要とせず、入手容易な試薬で行えるという簡便さが特徴。

 

基本文献

 

反応機構

上記の反応スキームおよび交差アルドール反応を参照。

 

反応例

Morkenらによる触媒的還元的不斉アルドール反応[1] reductive_aldol_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Taylor, S. J.; Duffey, M. O.; Morken, J. P. J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 4528 DOI: 10.1021/ja9944453

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…
  2. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson …
  3. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  4. ジアゾメタン diazomethane
  5. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synt…
  6. ポーソン・カーン反応 Pauson-Khand Reaction…
  7. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…
  8. カテラニ反応 Catellani Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  2. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成
  3. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  4. 麺の科学 粉が生み出す豊かな食感・香り・うまみ
  5. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  6. 若手研究者に朗報!? Reaxys Prizeに応募しよう
  7. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  8. 投票!2016年ノーベル化学賞は誰の手に??
  9. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  10. 科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP