[スポンサーリンク]

F

FAMSO

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ルーシェ還元 Luche Reduction
  2. バージェス試薬 Burgess Reagent
  3. アニオン重合 Anionic Polymerization
  4. ポヴァロフ反応 Povarov Reaction
  5. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrange…
  6. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  7. エンインメタセシス Enyne Metathesis
  8. 福山還元反応 Fukuyama Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas
  2. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  3. 振動結合:新しい化学結合
  4. ホットキーでクールにChemDrawを使いこなそう!
  5. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  6. 秋の褒章2010-化学
  7. 化学でカードバトル!『Elementeo』
  8. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  9. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  10. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP