[スポンサーリンク]

F

FAMSO

[スポンサーリンク]

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  2. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  3. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  4. デミヤノフ転位 Demjanov Rearrangement
  5. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotelluriu…
  6. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reage…
  7. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  8. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米で処方せん不要の「やせ薬」発売、売り切れ続出
  2. 抽出精製型AJIPHASE法の開発
  3. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  4. シーユアン・リュー Shih-Yuan Liu
  5. 水素化ホウ素ナトリウム Sodium Borohydride
  6. 稀少な金属種を使わない高効率金属錯体CO2還元光触媒
  7. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  8. プロペンを用いたpiericidin Aの収束的短工程合成
  9. 知られざる有機合成のレアテク集
  10. 2009年ノーベル化学賞『リボソームの構造と機能の解明』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP