[スポンサーリンク]

F

FAMSO

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  2. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  3. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  4. クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthe…
  5. ロビンソン環形成反応 Robinson Annulation
  6. 触媒的C-H活性化反応 Catalytic C-H activa…
  7. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  8. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensa…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  2. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  3. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  4. 2009年10大分子発表!
  5. IRの基礎知識
  6. 化学小説まとめ
  7. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  8. アメリカ化学留学 ”入学審査 編”!
  9. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  10. 目指せ化学者墓マイラー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP