[スポンサーリンク]

F

FAMSO

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  2. ブルック転位 Brook Rearrangement
  3. 史 不斉エポキシ化 Shi Asymmetric Epoxida…
  4. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis
  5. クリンコヴィッチ反応 Kulinkovich Reaction
  6. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  7. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann React…
  8. ワートン反応 Wharton Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  2. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  3. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  4. フリードレンダー キノリン合成 Friedlander Quinoline Synthesis
  5. Wileyより2つのキャンペーン!ジャーナル無料進呈と書籍10%引き
  6. 塩化ラジウム223
  7. ジェイコブセン速度論的光学分割加水分解 Jacobsen Hydrolytic Kinetic Reasolution (Jacobsen HKR)
  8. ヒノキチオール (hinokitiol)
  9. アルケンとニトリルを相互交換する
  10. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP