[スポンサーリンク]

F

FAMSO

[スポンサーリンク]

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 重水素標識反応 Deuterium Labeling React…
  2. ガーナーアルデヒド Garner’s Aldehyd…
  3. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  4. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  5. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…
  6. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  7. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  8. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2013年ケムステ人気記事ランキング
  2. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—C 結合で切る
  3. (+)-フォーセチミンの全合成
  4. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  5. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  6. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  7. OMCOS19に参加しよう!
  8. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  9. アフマトヴィッチ反応 Achmatowicz Reaction
  10. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP