[スポンサーリンク]

F

FAMSO

[スポンサーリンク]

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…
  2. ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefinati…
  3. ダフ反応 Duff Reaction
  4. クメン法 Cumene Process
  5. ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Iso…
  6. ゾーシー・マーベット転位 Saucy-Marbet Rearra…
  7. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation wit…
  8. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Gabriel試薬類縁体
  2. 元素検定にチャレンジせよ!
  3. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertweck
  4. 非専門家でもデザインはできる!「ノンデザイナーズ・デザインブック」
  5. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  6. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  7. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  8. Mestre NovaでNMRを解析してみよう
  9. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(7年目)(留学後編)
  10. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP