[スポンサーリンク]

F

FAMSO

 

概要

Formaldehyde Dimethyl Dithioacetal S-Oxide (FAMSO)をジアルキル化、引き続き加水分解を行うことでケトンを合成できる。

基本的な考え方は1,3-ジチアンを用いるケトン合成と同じであるが、前駆体の加水分解がジチアンに比べて容易というメリットがある。

 

基本文献

 

反応機構

1,3-ジチアンを参照。

 

反応例

例[1] FAMSO_2.gif
例[2] FAMSO_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. プラトー反応 Prato Reaction
  2. カチオン重合 Cationic Polymerization
  3. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  4. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  5. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  6. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  7. リッター反応 Ritter Reaction
  8. ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Sy…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide
  2. 活性ベースタンパク質プロファイリング Activity-Based Protein Profiling
  3. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  4. アルコールを空気で酸化する!
  5. Aza-Cope転位 Aza-Cope Rearrangement
  6. メソリティック開裂 mesolytic cleavage
  7. ロバート・メリフィールド Robert B. Merrifield
  8. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  9. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  10. Open Babel を使ってみよう~ケモインフォマティクス入門~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

生物指向型合成 Biology-Oriented Synthesis

生物の機能主体であるタンパク質では、決まった構造モチーフが種を超越して高度に保存されている。生物活性…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP