[スポンサーリンク]


2010年 10月

  1. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授

    第6回目は南フロリダ大学化学科長、Mike Zaworotko教授へのインタビューです。Zaworotko教授は結晶工学、機能性固体のデザインおよび応用に取り組んでいます。特に、多孔性材料と薬学的材料のデザインには力を入れています。…

  2. ピセン:Picene

    新しい有機機能性材料 (ピセン)ピセンは,ベンゼン環5個がW型に縮環した芳香族炭化水素化合物です…

  3. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の瞬間』

    祝!ノーベル化学賞受賞!このニュースには、有機化学者たるもの興奮がまだまだ冷めやらぬ日々が続いて…

  4. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】

    講師        : 高分子学会フェロー 日本化学試験所認定機構非常勤 工学博士 西岡 利勝 …

  5. 【動画】元素のうた―日本語バージョン

    https://www.youtube.com/watch?v=ljsUVDOcYB0先日ご…

  6. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?

  7. クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語

  8. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown

  9. クロスカップリングはどうやって進行しているのか?

  10. ノーベル化学賞を担った若き開拓者達

  11. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編

  12. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!

  13. 第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

  14. 【速報】2010年ノーベル物理学賞に英の大学教授2人

  15. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,6-Triisopropylbenzenesulfonyl Chloride

  16. 【書籍】アリエナイ化学実験の世界へ―『Mad Science―炎と煙と轟音の科学実験54』

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  2. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  3. 第5回慶應有機化学若手シンポジウム
  4. 東北地方太平洋沖地震に募金してみませんか。
  5. P-キラルホスフィンの合成 Synthesis of P-chirogenic Phosphine
  6. 有機機能性色素におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?
  7. 最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

注目情報

最新記事

【大正製薬】キャリア採用情報(正社員)

<求める人物像>・自ら考えて行動できる・高い専門性を身につけている・…

国内初のナノボディ®製剤オゾラリズマブ

ナノゾラ®皮下注30mgシリンジ(一般名:オゾラリズマブ(遺伝子組換え))は、A…

大正製薬ってどんな会社?

大正製薬は病気の予防から治療まで、皆さまの健康に寄り添う事業を展開しています。こ…

一致団結ケトンでアレン合成!1,3-エンインのヒドロアルキル化

ケトンと1,3-エンインのヒドロアルキル化反応が開発された。独自の配位子とパラジウム/ホウ素/アミン…

ベテラン研究者 vs マテリアルズ・インフォマティクス!?~ 研究者としてMIとの正しい向き合い方

開催日 2024/04/24 : 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足…

PAGE TOP