[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

文化勲章・受章化学者一覧

[スポンサーリンク]

文化勲章は、科学技術や芸術などの文化の発展や向上にめざましい功績のある者に授与される日本の勲章である。 慣例として、その年にノーベル賞を受賞した者で、文化勲章未受章である者には、文化勲章が授けられる。

1995年以降、化学者で受章しているのは以下の通り。完全な一覧はこちら(Wikipedia)

2015 大村智
2011 赤崎勇
2010 根岸英一 鈴木章
2009 飯島澄男
2008 下村脩
2007 中西香爾
2002 田中耕一
2000 野依良治
2000 白川英樹
2007 向山光昭

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman
  2. 春田 正毅 Masatake Haruta
  3. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  4. チャールズ・リーバー Charles M. Lieber
  5. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishe…
  6. 日本国際賞―受賞化学者一覧
  7. リック・ダンハイザー Rick L. Danheiser
  8. リチャード・ラーナー Richard Lerner

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 無限の可能性を合成コンセプトで絞り込むーリアノドールの全合成ー
  2. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  3. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  4. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  5. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  6. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren
  7. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  8. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  9. 旭化成ファインケム、新規キラルリガンド「CBHA」の工業化技術を確立し試薬を販売
  10. 立体特異的アジリジン化:人名反応エポキシ化の窒素バージョン

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP