[スポンサーリンク]


2018年 9月

  1. 工程フローからみた「どんな会社が?」~OLED関連

    Tshozoです。こないだの続き、早速まいります。今回はOLED、つまり有機EL(Organic Light Emission Diode)の工程フローに関わる国内化学系企業のリストアップが中心です。調べていくとシリコン基板などに比…

  2. 投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

    今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

  3. ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

    ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

  4. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

    9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

  5. AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

    理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

  6. イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

  7. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

  8. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

  9. イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

  10. 最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

  11. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

  12. 変わったガラス器具達

  13. レーザー光で実現する新たな多結晶形成法

  14. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

  15. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレーションゲーム

  16. SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペーン

スポンサー

ピックアップ記事

  1. スターバースト型分子、ヘキサアリールベンゼン合成の新手法
  2. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew
  3. 化学反応のクックパッド!? MethodsNow
  4. ゼナン・バオ Zhenan Bao
  5. 大久野島毒ガス資料館
  6. アルミニウムで水素分子を活性化する
  7. 有機合成のための遷移金属触媒反応

注目情報

最新記事

PCに眠る未採択申請書を活用して、外部資金を狙う新たな手法

みなさんは毎年何本の研究申請書を書きますか?そして、残念ながら日の目を見ずに、アイデアのままパソコン…

フラーレン〜ケージを拡張、時々、内包〜

トリアジン誘導体とN-フェニルマレイミドを用いた、フラーレンのケージを拡張する新規手法が開発された。…

エキノコックスにかかわる化学物質について

Tshozoです。40年以上前でしょうか、手塚治虫氏の有名な作品「ブラック・ジャック」でこう…

秋田英万 Akita Hidetaka

秋田 英万(あきた ひでたか)は、日本の有機化学者である。千葉大学薬学研究院および東北大学薬学研究院…

香料化学 – におい分子が作るかおりの世界

(さらに…)…

PAGE TOP