[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

 

渡辺芳人 (わたなべ よしひと、1953年x月xx日-)は、日本の生物無機化学者である。名古屋大学理学系研研究科教授。

  • 経歴

1976 東北大学理学部化学科 卒業
1982 筑波大学大学院化学研究科 博士号取得
1982-1984 ミシガン大学 博士研究員
1984-1985 ミシガン大学 上級研究員
1985-1987 プリンストン大学 主任研究員
1987-1989 慶應大学医学部 助手
1989-1990 通産省工業技術院 主任研究員
1990-1994 京都大学工学部 助教授
1994-2001 分子科学研究所 教授
2001-2006 名古屋大学大学院理学系研究科 教授
2006-2009 名古屋大学物質科学国際センター 教授

 

  • 受賞歴

2000 日本化学会 学術賞
2011 錯体化学会 学会賞

 

  • 研究概要

人工金属酵素の創製研究

ヘムタンパク質からヘムを取り除き、人工金属錯体を取り込ませることで新たな機能を持つタンパク質を創製。これまでにない選択性を有する有機金属酵素などの創製を目指した研究を行っている。

Yoshito_Watanabe_2.jpg

(画像:渡邊研究室ホームページより)

  • コメント&その他

  • 名言集

  • 関連動画

  • 関連文献

  • 関連書籍

 

  • 外部リンク

生物無機化学研究室 渡辺Group

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  2. M.G.フィン M. G. Finn
  3. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  4. 天野 浩 Hiroshi Amano
  5. ジェームズ・ロスマン James Rothman
  6. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree
  7. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  8. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 低分子ゲル化剤の特性・活用と、ゲル化・増粘の基礎【終了】
  2. 酸で活性化された超原子価ヨウ素
  3. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  4. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  5. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成
  6. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  7. MAC試薬 MAC Reagent
  8. ヨードホルム (iodoform)
  9. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupling
  10. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP