[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

 

渡辺芳人 (わたなべ よしひと、1953年x月xx日-)は、日本の生物無機化学者である。名古屋大学理学系研研究科教授。

  • 経歴

1976 東北大学理学部化学科 卒業
1982 筑波大学大学院化学研究科 博士号取得
1982-1984 ミシガン大学 博士研究員
1984-1985 ミシガン大学 上級研究員
1985-1987 プリンストン大学 主任研究員
1987-1989 慶應大学医学部 助手
1989-1990 通産省工業技術院 主任研究員
1990-1994 京都大学工学部 助教授
1994-2001 分子科学研究所 教授
2001-2006 名古屋大学大学院理学系研究科 教授
2006-2009 名古屋大学物質科学国際センター 教授

 

  • 受賞歴

2000 日本化学会 学術賞
2011 錯体化学会 学会賞

 

  • 研究概要

人工金属酵素の創製研究

ヘムタンパク質からヘムを取り除き、人工金属錯体を取り込ませることで新たな機能を持つタンパク質を創製。これまでにない選択性を有する有機金属酵素などの創製を目指した研究を行っている。

Yoshito_Watanabe_2.jpg

(画像:渡邊研究室ホームページより)

  • コメント&その他

  • 名言集

  • 関連動画

  • 関連文献

  • 関連書籍

 

  • 外部リンク

生物無機化学研究室 渡辺Group

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 山本明夫 Akio Yamamoto
  2. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  3. 平田義正メモリアルレクチャー賞(平田賞)
  4. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  5. F. S. Kipping賞―受賞者一覧
  6. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  7. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  8. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エコエネルギー 家庭で競争
  2. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  3. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  4. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis
  5. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  6. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  7. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!②
  8. コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む
  9. 第35回安全工学シンポジウム
  10. アジリジンが拓く短工程有機合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP