[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

渡辺芳人 Yoshihito Watanabe

 

渡辺芳人 (わたなべ よしひと、1953年x月xx日-)は、日本の生物無機化学者である。名古屋大学理学系研研究科教授。

  • 経歴

1976 東北大学理学部化学科 卒業
1982 筑波大学大学院化学研究科 博士号取得
1982-1984 ミシガン大学 博士研究員
1984-1985 ミシガン大学 上級研究員
1985-1987 プリンストン大学 主任研究員
1987-1989 慶應大学医学部 助手
1989-1990 通産省工業技術院 主任研究員
1990-1994 京都大学工学部 助教授
1994-2001 分子科学研究所 教授
2001-2006 名古屋大学大学院理学系研究科 教授
2006-2009 名古屋大学物質科学国際センター 教授

 

  • 受賞歴

2000 日本化学会 学術賞
2011 錯体化学会 学会賞

 

  • 研究概要

人工金属酵素の創製研究

ヘムタンパク質からヘムを取り除き、人工金属錯体を取り込ませることで新たな機能を持つタンパク質を創製。これまでにない選択性を有する有機金属酵素などの創製を目指した研究を行っている。

Yoshito_Watanabe_2.jpg

(画像:渡邊研究室ホームページより)

  • コメント&その他

  • 名言集

  • 関連動画

  • 関連文献

  • 関連書籍

 

  • 外部リンク

生物無機化学研究室 渡辺Group

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 田中耕一 Koichi Tanaka
  2. 熊田 誠 Makoto Kumada
  3. 林 民生 Tamio Hayashi
  4. クリストファー・チャン Christopher J. Chang…
  5. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  6. M.G.フィン M. G. Finn
  7. 小松紘一 Koichi Komatsu
  8. 福井 謙一 Kenichi Fukui

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリストファー・チャン Christopher J. Chang
  2. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  3. ヘリウム (helium; He)
  4. 史跡 土肥金山
  5. 第33回 新たな手法をもとに複雑化合物の合成に切り込む―Steve Marsden教授
  6. 「溶融炭酸塩基の脱プロトン化で有用物質をつくる」スタンフォード大学・Kanan研より
  7. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  8. 天然物化学談話会
  9. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  10. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP