[スポンサーリンク]


2023年 8月

  1. 不均一系触媒を電極として用いる電解フロー反応を実現

    第549回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 有機合成化学研究室に在籍されていた増田 隆介(ますだ りゅうすけ)博士と安川 知宏(やすかわ ともひろ)博士にお願いしました。本プレスリリースの研究内容は、電…

  2. 有機合成で発生する熱量はどのくらい?EasyMax HFCal

    有機合成を行うと多くの場合発熱が見られます。発熱が大きい、小さいだけの情報では小容量では問題無いので…

  3. ランシラクトンCの全合成と構造改訂-ペリ環状反応を駆使して-

    第548回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院農学研究科 食品生物科学専攻 生命有機化学分野(…

  4. 第61回「セラミックス粉体の合成から評価解析に至るまでのハイスループット化を目指す」藤本 憲次郎 教授

    第61回目の研究者インタビューです! 今回は第39回ケムステVシンポ「AIが拓く材料科学の最前線」の…

  5. 第60回「挑戦と興奮のワイワイ・ワクワク研究センターで社会の未来を切り開く!」畠 賢治 研究センター長

    第60回目の研究者インタビューです! 今回は第39回ケムステVシンポ「AIが拓く材料科学の最前線」の…

  6. 第6回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ

  7. 博士の学位はただの飾りか? 〜所得から見た学位取得後のキャリア〜

  8. ポンコツ博士の海外奮闘録XXI ~博士,反応を処理する~

  9. η6配位アルキルベンゼンで全炭素(3+2)環化付加

  10. 研究室の安全性は生産性と相反しない

  11. ダイヤモンド構造と芳香族分子を結合させ新たな機能性分子を創製

  12. 「高校化学グランドコンテスト」が 芝浦工業大学の主催で2年ぶりに開催

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 小島 諒介 Ryosuke Kojima
  2. オルトメタル化 Directed Ortho Metalation
  3. 世界の中分子医薬品市場について調査結果を発表
  4. フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano
  5. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  6. 環サイズを選択できるジアミノ化
  7. 植物改良の薬開発 金大・染井教授 根を伸ばす薬剤や、落果防止のものも

注目情報

最新記事

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

PAGE TOP