[スポンサーリンク]

archives

テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tetrabutylammonium Difluorotriphenylsilicate

[スポンサーリンク]

アミド結合へのベンゼン環の挿入反応

Greaneyらは,アミド結合へのベンゼン環の挿入反応を報告しています。それによれば,テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカートの存在下,芳香族アミドとベンザイン前駆体であるO-トリフラートフェニルシランを反応させることにより,金属試薬を用いることなく対応するアミノベンゾフェノン誘導体が高収率で得られます。この方法を用いることにより,アクリドンやアクリジンなどのワンポット合成が可能で,様々な生理活性化合物の合成への応用が期待されます。

“Insertion of Benzene Rings into the Amide Bond: One-Step Synthesis of Acridines and Acridones from Aryl Amides”

D. G. Pintori, M. F. Greaney, Org. Lett. 2010, 12, 168. DOI: 10.1021/ol902568x

ol-2009-02568x_0001

Insertion of benzene rings into the amide bond using the reactive intermediate benzyne is described. Aromatic amides undergo smooth insertion when treated with O-triflatophenyl silane benzyne precursors, producing versatile aminobenzophenone products in good to excellent yield. The process is entirely metal-free and has been exemplified on the synthesis of biologically active acridones and acridines.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  2. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  3. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  4. 不斉配位子
  5. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  6. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  7. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  8. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 糖鎖を直接連結し天然物をつくる
  2. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  3. 研究生活の心構えー修士課程、博士課程に進学したあなたへー
  4. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  5. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction
  6. テトラサイクリン類の全合成
  7. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  8. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  9. 細胞をつなぐ秘密の輸送路
  10. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP