[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去

 

(写真:Welt Online)

ジョン・フェン氏(02年ノーベル化学賞受賞者、米バージニア・コモンウェルス大教授)米バージニア・コモンウェルス大のウェブサイトによると10日死去、93歳。タンパク質のような生体高分子の同定、構造解析の手法を開発し、02年のノーベル化学賞を田中耕一・島津製作所フェローと共同受賞した。(引用:47NEWS

 

エレクトロスプレーイオン化質量分析法の開発で有名な、ジョン・B・フェン氏が2010年12月10日、お亡くなりになりました。


化合物の質量分析を行うには、試料をイオン化してやる必要があります。しかし従来法ではその条件が厳しく、試料の開裂(フラグメンテーション)が起きてしまうなどの問題があり、測定できる分子の大きさが限られていました。

フェン氏が開発したエレクトロスプレーイオン化法(ESI)は溶液中の試料を、大変ソフトな条件でイオン化することができます。測定可能な分子量上限を大幅に(100万程度にまで)引き上げ、今ではたんぱく質や生体高分子などをはじめとする、複雑物質の構造解析に欠かせない分析技術のひとつとなっています。

この功績が高く評価され、氏は田中耕一氏、クルト・ヴュートリヒ氏とともに2002年のノーベル化学賞を共同受賞しています。

驚くべきことですが、ノーベル賞の評価対象となった論文は、彼が70歳を超えてから発表されたものだとか。研究者はいくつになっても創造的な仕事をすることができる、というよい例かもしれませんね。

ESI-MSはわれわれ有機化学者にとっても日常的に使える、馴染み深い測定技術でもあります。このような優れた技術の開発者に敬意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  2. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材…
  3. 第35回安全工学シンポジウム
  4. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  5. 秋の褒章2013-化学
  6. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表
  7. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  8. 「株式会社未来創薬研究所」を設立

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第12回 DNAから人工ナノ構造体を作るーNed Seeman教授
  2. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synthesis
  3. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  4. 原子一個の電気陰性度を測った! ―化学結合の本質に迫る―
  5. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  6. ゾウががんになりにくい本当の理由
  7. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  8. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  9. 不斉Corey-Chaykovskyエポキシド合成を鍵としたキニーネ・キニジンの選択的合成
  10. 加熱✕情熱!マイクロ波合成装置「ミューリアクター」四国計測工業

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP