[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ESI-MSの開発者、John B. Fenn氏 逝去

[スポンサーリンク]

 

(写真:Welt Online)

ジョン・フェン氏(02年ノーベル化学賞受賞者、米バージニア・コモンウェルス大教授)米バージニア・コモンウェルス大のウェブサイトによると10日死去、93歳。タンパク質のような生体高分子の同定、構造解析の手法を開発し、02年のノーベル化学賞を田中耕一・島津製作所フェローと共同受賞した。(引用:47NEWS

 

エレクトロスプレーイオン化質量分析法の開発で有名な、ジョン・B・フェン氏が2010年12月10日、お亡くなりになりました。


化合物の質量分析を行うには、試料をイオン化してやる必要があります。しかし従来法ではその条件が厳しく、試料の開裂(フラグメンテーション)が起きてしまうなどの問題があり、測定できる分子の大きさが限られていました。

フェン氏が開発したエレクトロスプレーイオン化法(ESI)は溶液中の試料を、大変ソフトな条件でイオン化することができます。測定可能な分子量上限を大幅に(100万程度にまで)引き上げ、今ではたんぱく質や生体高分子などをはじめとする、複雑物質の構造解析に欠かせない分析技術のひとつとなっています。

この功績が高く評価され、氏は田中耕一氏、クルト・ヴュートリヒ氏とともに2002年のノーベル化学賞を共同受賞しています。

驚くべきことですが、ノーベル賞の評価対象となった論文は、彼が70歳を超えてから発表されたものだとか。研究者はいくつになっても創造的な仕事をすることができる、というよい例かもしれませんね。

ESI-MSはわれわれ有機化学者にとっても日常的に使える、馴染み深い測定技術でもあります。このような優れた技術の開発者に敬意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  2. 塩野義製薬、抗インフル治療薬を年内に申請
  3. 大日本製薬と住友製薬が来年10月合併・国内6位に
  4. 特許の関係を「地図」に ベンチャー企業が作成
  5. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  6. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  7. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  8. 春の褒章2011-化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ーシグマトロピー転位
  2. こんなのアリ!?ギ酸でヒドロカルボキシル化
  3. 第七回ケムステVプレミアレクチャー「触媒との『掛け算』で研究者を育て、組織を面白く、強くする」
  4. 【書籍】電気化学インピーダンス 数式と計算で理解する基礎理論
  5. 希少金属
  6. マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例セミナー
  7. 但馬 敬介 Keisuke TAJIMA
  8. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~
  9. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!
  10. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

【太陽ホールディングス】新卒採用情報(2025卒)

■■求める人物像■■「大きな志と好奇心を持ちまだ見ぬ価値造像のために前進できる人…

細胞代謝学術セミナー全3回 主催:同仁化学研究所

細胞代謝研究をテーマに第一線でご活躍されている先生方をお招きし、同仁化学研究所主催の学術セミナーを全…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2023/12/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

プロトン共役電子移動を用いた半導体キャリア密度の精密制御

第582回のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) ナノアーキテクトニクス材料研究…

有機合成化学協会誌2023年11月号:英文特別号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2023年11月号がオンライン公開されています。…

高懸濁試料のろ過に最適なGFXシリンジフィルターを試してみた

久々の、試してみたシリーズ。今回試したのはアドビオン・インターチム・サイエンティフィ…

細胞内で酵素のようにヒストンを修飾する化学触媒の開発

第581回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学教室(金井研究室)の…

カルロス・シャーガスのはなし ーシャーガス病の発見者ー

Tshozoです。今回の記事は8年前に書こうと思って知識も資料も足りずほったらかしておいたのです…

巨大な垂直磁気異方性を示すペロブスカイト酸水素化物の発見 ―水素層と酸素層の協奏効果―

第580回のスポットライトリサーチは京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻 陰山研究室の難波…

2023年度第1回日本化学連合シンポジウム「ヒューメインな化学 ~感覚の世界に化学はどう挑むか~」

人間の幸福感は、五感に依るところが大きい。化学は文明的で健康的な社会を支える物質を継続的に産み出して…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP