[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

辻村 みちよ

[スポンサーリンク]

辻村みちよは(埼玉県足立郡桶川町(現桶川市), 1888年9月17日-1969年6月1日)は、日本の農学者である。お茶の水女子大学教授、実践女子大学教授。緑茶の成分に関する研究で顕著な業績を上げた。

経歴

1913 東京府立女子師範学校卒業
1920 北海道帝国大学副手 食品栄養研究室にて家蚕の栄養について研究した。
1922 東京帝国大学医学部医化学教室に異動 垣内三郎教授のもとで性格の研究に従事
1923 理化学研究所研究生 鈴木梅太郎研究室にて食品化学、栄養科学、生物化学の研究に従事
1932 東京帝国大学より農学博士の学位を取得
1942 理化学研究所副研究員
1946 女子学習院大学講師
1947 理化学研究所研究員
1949 お茶の水女子大学教授
1950 東京女子高等師範学校教授を兼任
1955 実践女子大学教授
1963 実践女子大学名誉教授

30歳代から研究を始めましたが、家庭の事情や関東大震災などで研究の場を転々としたようです。そんな状況でも論文をいくつか発表しています。また退官後も精力的に研究を続け、逝去する2年前にも論文を発表されています。辻村は、日本において女性で初めて農学博士となりました。

受賞歴

1956 日本農学賞 緑茶の成分に関する研究
1968 勲四等宝冠章
1969 従五位

研究業績

緑茶の様々な成分に関して研究に取り組まれ、日本農芸化学会誌(現:化学と生物)やScientific papers of the Institute of Physical and Chemical Research、Proceedings of the Japan Academyに論文を投稿されています。

緑茶中の成分に関する研究

モルモットに種々の茶の成分を投与し、生存期間を比較することで緑茶、特に新茶には大量のビタミンCが含まれていることを発見しました。この成果を皮切りに辻村はビタミンC、カテキン類など様々な化合物を単離して論文にて報告しました。

辻村が緑茶から発見した化合物

カラコギカエデに関する研究

緑茶以外の研究としてカラコギカエデの葉が染色に使えるとしてその成分の研究を行い、タンニンの結晶を得ることに成功しました。

名言集

コメント&その他

  1. 北海道帝国大学として新発足するに当たり,その教授会において「女子の入学は選科に限りこれを許し,正科にはこれを許さざることと定む」と決議したことで正規の学生としての入学を許されなかった。そこで辻村は,無給副手という名目で農芸化学科食品栄養研究室に席を与えられました。
  2. 1923年9月1日に起きた関東大震災の際に実験中だった辻村は実験に使う化学天秤だけを抱えて建物の外に飛び出したそうです。この天秤は当時貴重な精密機械であり実験のための器具を大切にしていた辻村らしいエピソードだそうです。
  3. 辻村の研究が当時の東大農学部教授,鈴木梅太郎博士の理研における研究室でなされた縁故からその博士論文は農学部教授会の審査に供された。その席上「研究の対象は農産物の茶ではあるが研究は純粋化学のものであって,これはむしろ理学部の審査に廻されるべきである。」「否,純粋化学としてのその研究は斯くの如く立派である。斯くの如き立派な研究者に我が農学部から学位を授与するのは我々の誇りである。農学部を大きく豊かにする所以である。」かくて満場一致の決裁となり,最初の女性農学博士は生まれたそうです。
  4. 当時,実践女子大学の研究室は狭く,設備も整っていなかったが,辻村は学生たちにとって研究実験が楽しくなるように指導した。そのような辻村の研究に対する信念と人間性にひかれて卒業後も無給で研究する者も多かったということです。

関連動画

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. デヴィッド・ナギブ David A. Nagib
  2. アメリ化学会創造的有機合成化学賞・受賞者一覧
  3. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  4. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  5. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  6. 黎书华 Shuhua Li
  7. 安積徹 Tohru Azumi
  8. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ
  2. Happy Friday?
  3. ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement
  4. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  5. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  6. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjaszewski
  7. 電気化学ことはじめ(2) 電位と電流密度
  8. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発
  9. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  10. 光照射による有機酸/塩基の発生法:②光塩基発生剤について

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP