[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

辻村 みちよ

[スポンサーリンク]

辻村みちよは(埼玉県足立郡桶川町(現桶川市), 1888年9月17日-1969年6月1日)は、日本の農学者である。お茶の水女子大学教授、実践女子大学教授。緑茶の成分に関する研究で顕著な業績を上げた。

経歴

1913 東京府立女子師範学校卒業
1920 北海道帝国大学副手 食品栄養研究室にて家蚕の栄養について研究した。
1922 東京帝国大学医学部医化学教室に異動 垣内三郎教授のもとで性格の研究に従事
1923 理化学研究所研究生 鈴木梅太郎研究室にて食品化学、栄養科学、生物化学の研究に従事
1932 東京帝国大学より農学博士の学位を取得
1942 理化学研究所副研究員
1946 女子学習院大学講師
1947 理化学研究所研究員
1949 お茶の水女子大学教授
1950 東京女子高等師範学校教授を兼任
1955 実践女子大学教授
1963 実践女子大学名誉教授

30歳代から研究を始めましたが、家庭の事情や関東大震災などで研究の場を転々としたようです。そんな状況でも論文をいくつか発表しています。また退官後も精力的に研究を続け、逝去する2年前にも論文を発表されています。辻村は、日本において女性で初めて農学博士となりました。

受賞歴

1956 日本農学賞 緑茶の成分に関する研究
1968 勲四等宝冠章
1969 従五位

研究業績

緑茶の様々な成分に関して研究に取り組まれ、日本農芸化学会誌(現:化学と生物)やScientific papers of the Institute of Physical and Chemical Research、Proceedings of the Japan Academyに論文を投稿されています。

緑茶中の成分に関する研究

モルモットに種々の茶の成分を投与し、生存期間を比較することで緑茶、特に新茶には大量のビタミンCが含まれていることを発見しました。この成果を皮切りに辻村はビタミンC、カテキン類など様々な化合物を単離して論文にて報告しました。

辻村が緑茶から発見した化合物

カラコギカエデに関する研究

緑茶以外の研究としてカラコギカエデの葉が染色に使えるとしてその成分の研究を行い、タンニンの結晶を得ることに成功しました。

名言集

コメント&その他

  1. 北海道帝国大学として新発足するに当たり,その教授会において「女子の入学は選科に限りこれを許し,正科にはこれを許さざることと定む」と決議したことで正規の学生としての入学を許されなかった。そこで辻村は,無給副手という名目で農芸化学科食品栄養研究室に席を与えられました。
  2. 1923年9月1日に起きた関東大震災の際に実験中だった辻村は実験に使う化学天秤だけを抱えて建物の外に飛び出したそうです。この天秤は当時貴重な精密機械であり実験のための器具を大切にしていた辻村らしいエピソードだそうです。
  3. 辻村の研究が当時の東大農学部教授,鈴木梅太郎博士の理研における研究室でなされた縁故からその博士論文は農学部教授会の審査に供された。その席上「研究の対象は農産物の茶ではあるが研究は純粋化学のものであって,これはむしろ理学部の審査に廻されるべきである。」「否,純粋化学としてのその研究は斯くの如く立派である。斯くの如き立派な研究者に我が農学部から学位を授与するのは我々の誇りである。農学部を大きく豊かにする所以である。」かくて満場一致の決裁となり,最初の女性農学博士は生まれたそうです。
  4. 当時,実践女子大学の研究室は狭く,設備も整っていなかったが,辻村は学生たちにとって研究実験が楽しくなるように指導した。そのような辻村の研究に対する信念と人間性にひかれて卒業後も無給で研究する者も多かったということです。

関連動画

関連書籍

関連リンク

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  2. 小林 修 Shu Kobayashi
  3. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  4. ロナルド・ブレズロウ Ronald Breslow
  5. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  6. 井上 将行 Masayuki Inoue
  7. 齊藤 尚平 Shohei Saito
  8. デイヴィッド・リウ David R. Liu

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 野依 良治 Ryoji Noyori
  2. フルエッギン Flueggine
  3. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO
  4. 金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)
  5. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  6. LSD1阻害をトリガーとした二重機能型抗がん剤の開発
  7. マレーシア警察:神経剤VX検出で、正男氏は化学兵器による毒殺と判定
  8. マンガン触媒による飽和炭化水素の直接アジド化
  9. 液中でも観察OK 原子間力顕微鏡: 京大グループ開発
  10. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

注目情報

最新記事

表面酸化した銅ナノ粒子による低温焼結に成功~銀が主流のプリンテッドエレクトロニクスに、銅という選択肢を提示~

第393回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学院 材料科学専攻 マテリアル設計講座 先…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用とは?

 申込みはこちら■セミナー概要本動画は、20022年5月18日に開催されたセミナー「高分…

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP