[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

Eine

Eine

音楽ゲームが好き。ナノメートルの世界で分子や電子の気持ちを考える日々

  1. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編

    前前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1) 、前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2) の続きです。前回、カーボンナノベルト前駆体の具体的な合成方法を紹介し、実際に多段階反応により環状化合物2(カーボンナノベルト…

  2. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (2)

    前回 カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1) の続きです。“After 60 Year…

  3. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

    今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

  4. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

    FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

  5. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか

    ジョンソン・アンド・ジョンソンは、HIV及びエイズに関する会議 "IAS2007" にて、最新のHI…

  6. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

  7. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功

  8. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

  9. 元素名と中国語

  10. 近年の量子ドットディスプレイ業界の動向

  11. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 岩田忠久 Tadahisa Iwata
  2. 生体分子機械の集団運動の制御に成功:環境適応能や自己修復機能の発見
  3. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  4. PACIFICHEM2010に参加してきました!③
  5. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  6. Pure science
  7. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より

注目情報

最新記事

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

PAGE TOP